Webマーケティングの本を選ぶ際の注意点「情報の鮮度」を意識する!

Webマーケティングの勉強をする際に書籍を購入される方は多いと思います。

しかし、Webマーケティングの本を買う際にも注意が必要です。

そのポイントは「書籍がいつ発売されたのか?」しっかりと確認する事です。

書店に並んでいる本の中には、数年前に発売されて情報が古くなっているも書籍もあります。

売れている本でも発売日が古い場合は内容が古くなっている可能性も考えられ注意が必要です。

特に気を付けてほしいのがebayの登録法やツールの使い方の本です。

常にインターネットのサービスやツールは管理画面などが更新されており、本で説明に使用されている画像が現在も同じ仕様になっているとは限らず、混乱を招く恐れもあります。

Webマーケティングは常に新しい戦略やツールが出現しているので、どうしても情報の鮮度が落ちるスピードが速いです。

安いからと言って、中古のWebマーケティングの本を購入し、実践しても古い手法であれば結果にも影響を及ぼします。

発売日以外の注意点として、一冊の本だけを読むのではなく、複数の本を繰り返し読む事をオススメ致します。

一冊だけを読んでいると、その本の内容がすべてとなってしまいます。

そこで、複数の本を読む事で知見が広がり、本に書いてある内容をより理解し易くもなり、Webマーケティングの良し悪しをはかる基準も増やすことが出来るのです。

Webマーケティングの本は多く出版されているため、古本屋で安く購入する事も可能です。

しかし、購入の際には、値段だけではなく、内容の鮮度もある事を念頭に置いて本を選んで下さい。

最後に、弊社がクライアント様にアドバイスしているWebマーケティングの本を読むポイントをまとめさせていただきます。

●なるべく新しいWebマーケティングの本を選ぶ。(1年以内が望ましい)
※新しい本がすべて良いわけではないが初心者の方には判断基準がないため新しい本をお薦めしております。

●一冊ではなく数冊の本を合わせて読む。(最低でも3冊以上)

●一回本を読んだだけで内容を理解する事は難しいため繰り返し読む。(一冊を3回以上読む)

●読んで得た情報を実践する。(実践しなければ意味がありません)

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree