越境ECモールだけでは利益を確保するのが難しい時代が来る!?

「越境ECを始める」選択肢を大きく分ければ、

 越境ECモール出店

 自社・越境ECサイト構築

上記 二択となります。



その選択の中でも、越境ECモール出店が人気を集めております。

自社で越境ECサイトを構築すると、コストも時間も労力もかかります。

そのため、越境ECモール出店を選ばれるケースが大半です。

確かにデータを見ていても、モールは売れているようです。

中国のモールが特に注目されており、大手などが中国のモールに出店したと、最近よく聞きます。

そのような噂を聞いて、自社もと、モール出店を検討されている方が多いのですが、海外モール出店は注意が必要です。

どの企業でも扱えるような商品は、必ず価格競争となります。

売れるのは、売れますが、同じ商品を扱っていれば価格競争になるのは避けられません。

現時点では、中国モールの日系企業の出店数が少ないため、売上も利益も確保出来ているようです。



ですが、モール出店は、ハードルが低い分、売れていると聞けば、多くの企業が参入してきます。

その中でも、利益を確保し続ける事が出来るのは、

 資本のある企業

 独自の商品を持っている企業

大抵は、上記2パターンになります。

薄利多売で、最終的に勝つのは資本のある企業です。

中小企業が、コストのかかる越境ECで、安売りの競争を行うのは、あまりよい選択とは言えません。

そのため、最終的には、売れるが利益が出ない・・・ 撤退となる企業は増えます。



モールを活用する上でも、商品の独自性は必須です。

モールは、販売方法に差別化を図る事が難しいため、どんな企業とも同じ土俵で戦わなくてはいけいません。

そうなると、価格か、商品自体で差別化を図るしか道はありません。

更に問題なのが「自社のコントロール性」です。

モール出店は、モールの意向に逆らえません。

Amazon・楽天などのモールでも痛い目にあっている方はリスクがよく分かると思います。

その上で、海外モール出店は楽ですが、アプローチ出来る範囲が狭く、海外売上を最大化させる事は困難です。

海外モール出店は、商品によっては良い選択だと思います。

弊社クライアント様も海外モールを活用しております。

ただし、海外モールだけでOKはありえません。

いくら、モールで売上を上げていたとしても、モールに出店出来なくなれば、その売上は一瞬でゼロです。

後、モールと商品の相性もあります。

中国モールに出店して、反応の悪かった商品が、アメリカで売れているケースもありますので、海外モールも、複数の出店を行い、テストする事が必要です。



これから、越境ECを始めるのであれば、モール活用もありです。

商品によっては、かなり売れる可能性もあります。

しかし、ライバルが参入してくる事も忘れずに、モールだけでなく、海外売上を最大化させるためにも、自社越境ECサイトも検討される事をお薦めしております。

自社越境ECサイトであれば、戦略の幅が広く、世界中にアプローチする事も可能です。

モールだけでは、売上の限界や、ライバル参入による価格競争の可能性が高く、大きなリスクも伴います。

そのため、海外モールだけではなく、自社越境ECサイトも必要な時がくるのです。



日系企業の越境ECモール出店は加速していきます。

爆買いが減った影響もあり、デパートなども越境ECに出店し始めております。

中小企業も、新たな売り先を求めて、まずは、越境ECモール出店と選択されるケースが増えます。

ですが、海外モールが言いと聞いたからと、安易にモール出店をするだけでなく、自社越境ECサイトも検討しなければ継続した海外売り上げの確保は困難です。

海外売上を最大化させるためにも、越境ECモールだけでなく、自社越境ECサイトも必要です。



最後に、中国モールが人気を集めておりますが、中国モールだけはリスクです。

話題となった「爆買い」ですが、中国政府が規制をかけて一気に失速しました。

デパートなどは、爆買いをあてにしていたため、売上が大幅に落ちております。

このような規制は、いつ起きてもおかしくありません。

中国は、特に規制などの動きが速く、注意が必要な国です。

そのため、一国に依存するのはリスクが高いです。

訪日集客でも同じく、中国人の方だけの集客にはリスクがあると、お話させていただいておりました。



中国向けの越境ECは、これから益々伸びる事は間違いないと思います。

ですが、常にリスクがある事を忘れてはいけません。

越境ECで、本当に売り上げを上げ続けるには、販売チャネル・販売先の多角化が必須です。

例として

 中国モール

  +

 米Amazon

  +

 自社越境ECサイトで、欧米・アジア・南米も狙う

など、海外モールにプラスして、自社越境ECサイトで、複数の国に商品を販売していれば、海外モールに何らかの問題が発生しても、海外売上を全て失う可能性を低くする事が出来ます。



越境ECを始める際には、必ず、良いデータだけでなく、リスクにも目を向けて、戦略を練られる事をお薦め致します。

今から、商品も戦略も、ライバルとの差別化を図り、実践していれば、5年・10年後に大きな差となって表れます。

是非、短期的な展開だけを見ずに、中長期の展望もご覧下さい。

5年後に、中国モール・海外モールはどうなっているのか?深く考えるだけでも、自社の動きに大きな変化があるはずです。お試し下さい。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree