訪日外国人を集客するために、ネット戦略はいる??いらない??

訪日外国人集客を実践する上で、ネット戦略に興味を持っている方も増えております。

しかし、実際に、訪日ネット集客に力を入れている企業・店舗は稀です。

大半の方は、ネット戦略を取り入れようか検討中で止まっております。

はっきり言って、訪日外国人集客を行う上で、ネット戦略は外せません。



訪日外国人集客で、ネット戦略が外せない理由として

スマートフォンの世界的な普及

訪日客の情報収集方法

上記、2点が挙げられます。



スマートフォン・インターネットを訪日観光客の方が、どれほど利用・重視しているのか、データから読み解きます。

※出典「日本政府観光局(JNTO)」



■ 出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの ■

出発前に得た旅行情報源で役に立ったものは
 「個人のブログ」(31.2%)
 「自国の親戚・知人」(19.6%)
 「旅行会社ホームページ」(18.5%)
 「SNS」(18.2%)の順で多い。

 「日本政府観光局ホームページ」は 16.4%
 「日本政府観光局の案内所」の選択率は3.9%であった。



■ 日本滞在中に得た旅行情報源で役に立ったもの ■

日本滞在中に得た旅行情報源で役に立ったものでは、
 「インターネット(スマートフォン)」の選択率が 68.1%と高い。
 「インターネット(パソコン)」(20.2%)
 「観光案内所(空港除く)」(17.0%)の順に高い。



■ 日本滞在中にあると便利な情報 ■

日本滞在中にあると便利な情報では
 「無料 Wi-Fi」(51.1%)が最も多く
 「交通手段」(47.1%)
 「飲食店」(33.2%)
 「宿泊施設」(25.2%)
 「買物場所」(23.6%)
 をあげる回答が多い。

————————-



データからも読み取れるように、訪日外国人の方は、スマホを多用しております。

そして、情報収集が、ネットで行われている事も見逃せません。

訪日される前から、スマホを駆使して、日本のどんなお店・場所に足を運ぼうか検討しているのです。



これだけ、スマホ・ネットを駆使している事が判明している時点で、ネット戦略を無視するのは無謀です。

ネット戦略をやらないのではなく、実践する上で、どの程度、時間・労力を割けるのか?考えるべきです。

時間がないからと、ネット戦略を行わないのは、大きな損失と言えます。

ネット戦略は、1日、数分~でも始める事が可能です。

なにも、新しい人を雇用してまで、力を入れる必要はありません。

必要最低限の作業でも結果は出ます。



しかし、ネット戦略は何から始めればいいのか?分からないと言われる方も多いです。

そこでお薦めなのが、ネット戦略の「情報収集」です。

すぐに始めるのではなく、訪日ネット集客に関連する書籍や勉強会などに参加し、まずは情報を集めて下さい。

弊社にご相談される方の中でも、闇雲に始めて、全く海外からアクセスがないというケースも多いです。

そのため、訪日ネット集客を成功に導くために

———–
■ ネット戦略が必要である事を理解する。

■ ネット戦略を実践する前に、情報収集を行う。

どんな事を行えばいいのか、理解してから実践に移行する。
———–

弊社では、上記の流れをお薦めしております。

闇雲に始めても、大半は失敗します。

国内のネットマーケティングの知識があるからと言って、海外ネット集客が上手くいくわけではありません。

国内ネット戦略と、海外ネット戦略の違いを理解する必要があります。


最後に

訪日外国人集客で、ネット集客を軽視するのは大きな損失である事をご理解下さい。

弊社クライアント様で、観光地に足を運び、訪日客の方が、スマホを持ちながら歩いている光景を見て、ネット戦略に本腰を入れられた方がいらっしゃいます。

実際に、日本の観光地に行き、自身の目で、スマホの脅威を感じ取れれば、訪日ネット集客が外せないと言っている意味が理解出来るはずです。

是非、訪日集客に興味のある方は、ネット戦略もご検討下さい。

2020年には、ネット戦略を取り入れた企業と、そうでない企業に大きな差が生まれているかもしれません。

訪日集客を始めたいと、ご相談される際に、ネット集客に半信半疑の方も多かったため、ブログで、訪日ネット戦略の必要性について解説させていただきました。

今後は、実践していく上での注意点や、集客のポイントについても解説して参ります。


セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree