海外販売・輸出で絶対におこなってはいけない事とは!?

海外発送の際に「インボイス」を記載する必要があります。

インボイスとは「納品書」「送り状」の意味です。海外発送する荷物の中味を英文で説明する書類のことを言います。貨物通関手続きには不可欠な書類で、商品の発送や納品明細書、請求書などの役割を果たします。海外へ発送する荷物にはすべてこのインボイスをつけなければいけません。

記載項目は品名・数量・価格・代金の支払い方法など、明細書にもなります。

インボイスは「内容物の情報」と「記載内容」が一致しなければなりません。

しかし、インボイスの商品価格を安く書くことで、関税を抑えてほしいという要望が、たまに海外のお客様からあります。ですが、絶対に商品価格記載を安くしてはいけません。

このような行為を「アンダーバリュー」と言います。

アンダーバリュー(英:Under Value)とは、貿易における不正取引の一つ。
関税の支払いを安く抑えるために、輸入通関時におけるインボイスの単価・金額等を実際の取引上の金額よりも安く表示させ、 後日実際の取引上の金額にて送金すること。一種の脱税であるため、刑事罰の対象となる。(Wikipedia参照)

海外のお客様によっては、アンダーバリューに応じなければ商品を購入しないという方がおります。しかし、アンダーバリューに応じてはいけません。アンダーバリューについて、しっかりと説明を行い絶対に応じない事を伝えて下さい。

海外販売を行っていれば一度は経験する事です。頭の片隅に置いておき海外販売・輸出を行って下さい。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree