海外展示会・出展前に準備したいネット戦略とは!?

海外展示会への出展を検討されている方が増えておりますが、出展前に準備・確認していただきたいネット戦略があります。

それは、海外のバイヤーの方が、インターネット検索を行った際に、自社海外向けホームページが、しっかりと検索にヒットする状態なのか確認しておいて下さい。

海外展示会へ出展される場合に、商品のパンフレットなどインターネット以外の部分はしっかりと用意・チェックすると思います。

しかし、出展する大部分の企業では、海外向けのインターネット戦略が軽視されております。

会場で、しっかりとパンフレットを配れば、それでいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、会場に来ていたバイヤーの方などが後日、インターネットでどんな会社なのか?検索して海外向けホームページをチェックされているケースも多いです。

実際に、クライアント様の海外向けホームページが展示会の後に急激にアクセスが増え、ホームページから問い合わせをいただいたケースもあります。

そのため、展示会出展でもネット戦略は必須です。

中には、海外向けホームページを持っているから大丈夫という方もいるのですが、そもそも、自社海外向けホームページは検索にヒットしているのか?

自社ホームページがどんなキーワードでヒットしているのか?

ホームページの見た目や掲載内容をしっかりと考えている方は非常に少ないです。

ただ海外向けホームページがあるからといって安心は出来ません。

どのようにして、海外の方をホームページに誘導するのか、しっかりと考えておかなければいけません。

そこで、海外向けホームページの3つのチェックポイントをご紹介致します。

検索にヒットしているのか?

名刺やパンフレットに海外向けホームページのURLを書いてあるから大丈夫と思われる方もいるかもしれませんが、大半の方は、URLを入力しないです。

名刺交換をした際にURLを入力しますか?それとも、会社名で検索をしますか?

大半の場合は、会社名で検索をするはずです。

自社ホームページが検索される可能がある以上、自社ホームページがどのようなキーワードでヒットしているのか確認する必要があります。

確認をする方法として、google.comで実際に検索をしてみる方法や、アクセスを解析する方法などが有効です。

意外と「海外向けホームページは作っただけ」または「日本語ホームページを翻訳しただけ」になっている場合も多く、検索にどのようにヒットしているかなどは確認されていないケースが多いです。

せっかく、海外の方がホームページを見たいと思って検索しても、どれが貴社ホームページなのか?分からないのではもったいない事です。

そのため、海外向けホームページがどのように検索エンジンにヒットしているのか確認する事をお薦め致します。

ホームページの掲載内容を確認する。

海外向けホームページを持っている方で、掲載内容まで、しっかりと検討されている方は稀です。

社長あいさつや、扱っている商品の一覧などの情報しか掲載していないホームページは非常に多いです。

普通に考えれば、ホームページにアクセスしてくる方は、商品やサービスの詳細情報を知りたいはずです。

そのため、自社のアピールしたい内容を検討した上で、海外向けホームページにもしっかりと掲載して下さい。

掲載する上のポイントとして、言葉だけでなく図や写真で説明するとより良いです。

海外向けホームページの言語を確認する。

海外向けホームページというと、英語で作成されている場合が多いです。

しかし、展示会が開催される国や地域でよく使用されている言語でも海外向けホームページが読める・見れるようになっていればベストです。

英語版のホームページがあればOKと考えている方も多いですが、世界は広いです。

しっかりと展示をする国で使用されている言語もチェックして、海外向けホームページに反映させて下さい。

/////////////////

海外の展示会へ出展される方で、海外向けホームページを持っていない・対応していないという企業は減っていると感じますが、しっかり海外の方が見れるのか?そこまでチェックしている方は少ないです。

その上で、海外向けホームページは、展示会を出展する国や地域を絞り込む事も可能です。

1、海外向けホームページを使って反応のある国を特定
2、その国の展示会を調べて出展する

など、海外向けホームページの利用価値は非常に高いのです。

そのため、ただ海外向けホームページを作っただけで終わっているのは非常にもったいない事です。

自社海外向けホームページがどう検索エンジンにヒットしているのか?

海外向けホームページにどんな情報を掲載するべきなのか?再度ご検討いただければと思います。

今後、海外展示会へ出展される方は、海外向けホームページを見直される事を強くお薦め致します。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree