イーベイ・eBayではなく、なぜ自社サイトを薦めるのか?

海外に商品を販売する場合にはeBayを活用するイメージが強いかもしれません。eBayは海外販売に関して非常に強力なツールであることは間違いありません。

まずeBayのメリットとして以下のようなものがあります。

簡単に販売ページが製作出来、手軽に海外販売が行える。
アクセスを集める作業をeBayがおこなってくれる。
購入意欲の高い顧客が比較的多い。

しかしデメリットもあります。

出品の作業がその都度必要で商品は一点ずつしか出品出来ません。eBayで販売を続けるならば、毎回単純作業をし続ける手間がかかります。

また競合企業がテラピークを使って調べれば、販売している商品の種類がすべてわかってしまいます。テラピークとはeBayの過去の取引履歴を参照出来るツールです。どんな商品が売れ続けているのか・いつ頃売れているのか・価格の変動・関連のある商品など、詳細なリサーチが出来てしまいます。

独自の商品・入手困難な商品でなければ、すぐにマネされる可能性があります。

例えば、弊社がeBayに商品を出品して落札され、利益が出た商品があってもテラピークで取引履歴を発見されれば類似品の出現などにより競争率が高まります。

こちらの取引履歴を見られる可能性もありますが、これを逆手にとれば海外でどのような物が売れているのか調べるリサーチツールとしても使用することが出来ます。テラピークを元にデータを収集して自社サイトでこっそりと商品を販売する方法もオススメです。

最大のデメリットは、せっかく育てたeBayアカウントが、eBayの判断で消去される可能性があることです。普通に運営していれば消去される可能性は低いですが、eBayにすべての権限があるためリスクが伴います。

次に自社サイト販売に関するメリットとデメリットをご紹介します。

自社サイトでの販売メリット

 販売商品を発見されにくいため、「ライバルが現れにくい」「マネされにくい」ため長く運営する事が出来る。

 単純作業が減る。

 運営コストが低い。

 海外からの受注など、商品販売以外の利益を上げる方法が考えられる。

デメリットは、アクセスを集めるのが難しいという点です。ただし、しっかりとSEO対策やSNSを活用すれば世界中からアクセスを集める事が可能です。

双方にメリット・デメリットがありますが、eBayのみの販売に依存するのはリスクがあると考えられます。

自社サイトを運営していくのは難しい印象をお持ちの方も多いと思いますが、そんなことはありません。

慣れてしまえば誰でも運営していくことが出来ます。メリット・デメリットを理解して海外販売を行っていきましょう。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree