化粧品の輸出・越境ECについて取材を受けました。

先日、化粧品専門紙・週刊粧業様から取材を受けました。

お話させていただいた内容は「化粧品の越境EC」についてです。

化粧品も海外向けネットショップを活用すれば、海外販売や海外企業からの取引のお話をいただく事は可能です。

途上国などからも、化粧品関連の問い合わせが増えているため、世界的にもまだまだ伸びる余地のある市場である事は間違いありません。

しかし、市場が拡大しているため必然的に化粧品はライバルも多く簡単な市場ではありません。

世界中からアクセスを集める事に成功しても、商品自体に魅力がなければ反応はありません。

そのため、アクセスを集める施策、プラス、世界各国に合わせた商品開発も必須です。

国内で売れている化粧品だからと言って、そのまま海外で売れるとは限りません。

そこで、取材時に解説させていただきました化粧品の越境EC活用ポイントについて少し触れさせていただきます。

①海外向けホームページを持つ事からスタート

初めは英語サイトからスタートする戦略をお薦めしております。

どの国・地域から、どんな反応があるのか分からないため、海外向けホームページは費用を抑えて、デザインなどもシンプルなものにしておくのがいいと思います。

初めから多額の費用をかけて越境ECを作成しても上手くいくとは限りません。

初期費用を抑えて、海外向けホームページもテストしながらブラッシュアップしていく事が大切です。

海外向けサイトの重要なポイントとして、スマホ対応を意識して下さい。

業種にもよるのですが、海外はスマホからのアクセスが特に多いです。

そのため、海外向けホームページを作成するのであれば、スマホ対応は必須です。

②世界中からアクセスを集める

アクセスを集めて反応をみない事には、どこに問題があるのか分かりません。

そのため、海外向けブログや広告などを活用してアクセスを集め、どの国からどんな反応があるのか確認する事が大切です。

後、先入観は捨てて下さい。

どの国で、どんな反応があるのか100%は分かりません。

先入観があるとチャンスを逃す可能性もあるため、一つ一つの問い合わせに向き合って下さい。

「この国では売れないだろう」などは思い込みです。どんな国にどんなニーズが眠っているのか分かりません。

③どんな国から、どんな反応があるのか分析する

海外向けホームページにアクセスが集まると、様々な国から問い合わせがくるようになります。

その問い合わせ内容からニーズを探り、海外向けホームページ・商品の改善・開発を常に進める事が重要です。

海外向けホームページを持ち、広告などを活用してアクセスを集めて売れないと、多くの方が諦めてしまいがちです。

しかし、なぜ売れないのか?原因を探る事が大切です。

海外向けホームページを制作して、アクセスを集めて、すぐに売れるケースは稀です。

特に化粧品はライバルが多い市場なので改善は必須です。

//////////////////

これから先、化粧品関連企業が越境ECを持つ事は当たり前の時代が来ると思います。

そのため、周りの企業が始めたからと言って、自社も始めるのではなく、テストでもいいので、今から海外の市場をどうやって攻略していくのか本気で考える必要があります。

無料でホームページを制作出来るツールも多く存在しております。

初めは費用を抑えて自社で出来る事からでもいいのでスタートをきる事が大切です。

手始めに「海外でどんな化粧品が人気なのか?」検索するだけでも見えてくる物があるかもしれません。お試しいただければ幸いです。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree