ライブコマースの評判と海外販売・輸出を始めるポイントとは!?

海外向けECサイトを構築する際に、手軽に構築出来るサービスを活用するのは良い選択だと思います。

いくつか海外向けECサイトを構築出来るサービスが存在しておりますが、その中でも、ライブコマースについてご相談をいただくケースが多いです。

そこで、ライブコマースの評判や、運営していく上での注意点やポイントを解説させていただきます。


ライブコマースとは

海外向けECサイトを手軽に構築出来るサービスの事です。

多言語化(英語,簡体字,繁体字,韓国語)や、PayPalなどの決済に対応しており、海外向けECサイトを制作する上で必要な要素は揃っていると言えます。

これから、海外向けECサイトを始めたい方にはコスト面や運営面でもメリットがあると言えます。


選択するメリット

管理画面から、商品登録などが簡単に行える。

 HTMLなどの知識がなくても登録などは可能です。

多言語化も比較的簡単

管理画面が付いているため、商品登録などの作業も、操作方法さえ覚えてしまえば、簡単と言えます。

そのため、HTMLが分からない方でも、運営は可能だと思います。


こんな方にはお薦めだと感じます。

扱う商品数が多い

登録する商品数が、数千点などと多い場合は、管理画面もついているライブコマースなどのサービスはお薦めだと考えております。

オリジナルで、どんな海外向けECサイトを制作するのかにもよりますが、初期コストや、その後の維持費・運営面でもメリットだと思います。

逆に、商品数が「数点で入れ替わりが激しくない」場合は、オリジナルの海外向けECサイトでも十分なケースもあります。

そのため、しっかりと、複数の企業と打ち合わせ + 見積もりを取り、検討していただく事が必要です。

初めから、ここでOKや、このパターンでいいと、思い込むのではなく、複数の選択肢を吟味していただく事をお薦め致します。


運営面のリスクについて

ライブコマースだけでなく、既存のサービスを活用していれば起こりうるリスクとして

運営会社がなくなるケースや、サービスが終了すれば、海外向けECサイトもなくなる可能性がある事も頭の片隅に置いていただく事をお薦め致します。

これは、実際に、国内外で発生している問題であり、どんなサービスでも起こる可能性があります。

上記リスクを、知っているのと知らないのでは、大きな違いとなりますので、意識していただきたいポイントの一つです。


ライブコマースの費用について

※ライブコマースの「プランとオプション」から引用

初期費用としては、価格は抑えられていると思います。

昨今の海外向けECサイトの見積もりですと、数十万円~百数十万となる見積もりもあるので、初期費用は抑えられていると感じます。

ただし、毎月、固定費はかかりますので、短期的な見積もりだけでなく、5年など中長期の費用を計算してご検討下さい。

長い目で見れば、割高になる可能性も捨てきれません。

「シルバープラン」
 月々  4572円

「ゴールドプラン」
 月々  9333円

「プレミアムプラン」
 月々 2万381円

シルバーやゴールドプランでも、メールサポートは付いております。

プレミアムプランであれば、電話サポートもついているので分からない事があれば、問い合わせする事も可能です。

その他の違いとしては、ディスク容量が異なります。

シルバーが、ディスク容量「3GB」

ゴールドが、ディスク容量「10GB」

プレミアムが、ディスク容量「50GB」

ディスク容量とは、商品画像などのデータがどれだけ保存出来るのか?その容量の違いとなります。

そのため、ディスク容量が多ければ、それだけ、多くの商品画像などを保存出来る計算になります。

しかし、商品数が少ないECサイトであれば、ディスク容量はそこまで必要ありませんので、自社の商品数などを元に、どのくらのディスク容量があれば足りるのかご検討下さい。


「シルバープラン」3年・5年の費用について

「シルバープラン」
 月々  4572円

・3年の費用イメージ(シルバー)
 36か月 × 4572円(月々) = 16万4592円
  + 3万4769円(初期費用)
 =19万9361円(シルバー・3年)

・5年の費用イメージ(シルバー)
 60か月 × 4572円(月々) = 27万4320円
  + 3万4769円(初期費用)
 =30万9089円(シルバー・5年)


「ゴールドプラン」3年・5年の費用について

「ゴールドプラン」
 月々  9333円

・3年の費用イメージ(ゴールド)
 36か月 × 9333円(月々) = 33万5988円
  + 3万4769円(初期費用)
 =37万757円(ゴールド・3年)

・5年の費用イメージ(ゴールド)
 60か月 × 9333円(月々) = 55万9980円
  + 3万4769円(初期費用)
 =59万4749円(ゴールド・5年)


「プレミアム」3年・5年の費用について

「プレミアムプラン」
 月々 2万381円

・3年の費用イメージ(プレミアム)
 36か月 × 2万381円(月々) = 73万3716円
  + 3万4769円(初期費用)
 =76万8485円(プレミアム・3年)

・5年の費用イメージ(プレミアム)
 60か月 × 2万381円(月々) = 55万9980円
  + 3万4769円(初期費用)
 =122万2860円(プレミアム・5年)

////////////////////////

各プランの、3年・5年と契約した際のイメージ費用を計算してみました。

上記は、プランの費用だけです。

それ以外にも、ドメイン費が、年間で「3,000円」

3年で・9000円
5年で・1万5000円

その他として「SSL」や「クレジットカード決済」などを導入すると、固定費は異なる費用となります。

上記計算はあくまでもプランのみの計算です。運営する状態によっても、かかる費用は大きく異なりますので、ご注意下さい。

そのため、中長期での費用は、必ず計算して下さい。

扱う商品や戦略によっては、自社オリジナルで海外向けECサイトを制作し、管理したほうが安いケースもあります。


ライブコマースの「評判」と、勘違いについて

ライブコマースなどの、海外向けECサイト構築を支援している企業は増えております。

様々なサービスが増えるのと比例して、ネット上にも様々な情報や感想・評判が溢れております。

・ライブコマース売れない・・・

・ライブコマースなら簡単に売れるよ!

などなど、多くの方の意見があるのですが、意識してほしいポイントとして

★「海外向けECサイトを構築すれば売れる」はありえません。

★「ライブコマースだから売れる」もありえません。

海外向けECサイトは誰でも構築・運営可能です。

しかし、売上や利益を出すには、運営者の努力が絶対に必要です。

どんなサービスを活用しても、何もしなければアクセスはありません。

海外販売は、確かにチャンスはあると思います。

ですが、簡単でも、楽でもありません。

だからこそ「ライブコマースだからOK」「海外向けECサイトを持てばOK」とは考えないで下さい。

ライブコマースの評判で「売れない」という文面も目にしますが、本当にライブコマース自体に問題があるのか?疑問です。

商品に魅力がない
 ※または、狙っている国や地域で売れない商品の可能性も
 (アメリカ向けをヨーロッパ向けに変更して売れたケースなどもあります)

アクセスがない
 ※または、アクセスを集めている国や地域に問題がある。

運営者が、ほったらかしている

など、

このような状態では、売れないのは当然です。

単純に「売れない」だけの文面では何が原因なのか分かりません。

「売れない」と言われる多くのケースでは、海外向けECサイト自体に問題があったケースは少なく、アクセス数や商品自体に問題があったケースのほうが圧倒的に多いです。

どんなサービスを利用しても、オリジナルで海外向けECサイトを制作しても、ほったらかしではなく、海外Web戦略も必須です。

海外向けECサイト × 海外Web戦略 = 海外からの売上

となるのです。

これから、海外向けECサイトを構築されたいと検討されている方は、海外Web戦略も含めた上で、どういう海外向けECサイトを構築するのがベストなのか?

中長期のコストや運営面も考慮しながらご検討いただければ幸いです。

安易に、海外向けECサイトを制作してから、こっちのほうが良かったのではと悩まれている方がいらっしゃいますので、これと決めずに、構築方法や戦略も俯瞰して検討いただければと思います。


ライブコマースにも無料体験が付いている。

ライブコマースにも、無料体験が「30日間」付いております。

そのため、是非、本格的に活用する前に、無料体験をご活用下さい。

その際に、お薦めなのが、ライブコマースだけでなく、他の似たサービスの無料体験も経験して、どう管理画面が違うのか?

このサービスでは、こんな事が出来るが、こちらのサービスでは、どうなっている??

など、海外向けECサイトを構築する前に、複数のサービスを体験していただき比べて下さい。

特に、管理画面の操作性などは、かなりの違いがありますので、操作性や細かい機能を実践シュミレーションして下さい。

意外と、無料体験が付いているのに、面倒と体験されない方も多いです。

実際に運営を初めてから、あっちのサービスのほうが良かったのでは??

と考えないようにするためにも、複数のサービスを体験して比較検討する事が大切です。

これは、オリジナル海外向けECサイトを制作される方にもお薦めです。

ライブコマースなどのサービスを活用するのか?

自社でオリジナルの海外向けECサイトを構築するのか?

検討されている方でも、体験しておいて損はないと思います。

オリジナルネットショップよりも、機能面でライブコマースなどのサービスのほうが良かったかも考えている方もいらっしゃいますので、少しでも気になる方は、無料体験を申し込み、体験する事をご検討下さい。


ライブコマースの活用「まとめ」

弊社に寄せられるご質問の中でも、ライブコマースなどのサービスをどれにしようか迷っていると多くご相談されております。

そのため、ブログで解説させていただきました。

ライブコマースを活用されて海外販売を行っている方や企業がいる事は確かです。

弊社クライアント様のサイトが「ライブコマースの成功事例」に掲載されております。

ただし、
「ライブコマースだから売れる」
「海外向けECサイトを持てば海外販売は成功する」
「海外向けECサイトの運営は楽・簡単」
ではありません。

どんな海外向けECサイトを構築しても、必ず、海外Web戦略は必要です。

海外向けECサイトも甘くはありません。

海外向けECサイトは誰でも、構築・運営可能です。

しかし、海外向けECサイトを活用して、世界から利益を上げるには努力が必要です。

どんなサービスでも活用して終わりではなく、常に学び続け、海外向けECサイトに手を入れていかなければ上手くはいきません。

海外向けECサイトも、国内ECサイトも「簡単」「楽」「売れる」は勘違いです。

「手間」も「コスト」も「時間」も「努力」も必須です。

これから、海外向けECサイトの構築をご検討されている方のヒントになれば幸いです。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree