ニッチ起業を狙え!?ニッチビジネスの戦略とは!?

個人が起業する場合、副業を始める場合に、ニッチを狙う戦略はお薦めです。

弊社クライアント様も、ニッチの分野を選択してビジネスされている方も多くいらっしゃいます。

一般的には、ニッチ市場を探す場合に、日本国内でリサーチします。

ですが、ニッチの分野こそ、世界市場を見るべきなのです。

日本だけではビジネスとして成立させる事が難しいニッチ市場でも、世界を含めれば、ビジネスを行える規模になるケースも少なくありません。



 1億2000万人のニッチ市場

 と

 70億人のニッチ市場

では、チャンスの数が異なります。

現に、クライアント様の扱っている商品は、国内ではあまり売れ行きがよくない商品もあります。

しかし、海外のマニアにも販売しているため、安定した売上を記録しているのです。

更に、ニッチを狙う良い点として、ライバルの参入が少ない点も挙げられます。

ビジネスをしていると、ライバルが現れる事は少なくありません。

ある程度の市場規模があれば、チャンスと見て参入してくる方もいらっしゃいますが、ニッチ市場では少ないです。

市場を見つけられたとしても、先行逃げ切りも可能で、ライバルが参入出来ないレベルまでビジネスを高める事も出来ます。

そのため、ニッチビジネスは、スタートが肝心です。

中途半端な戦略では、後発組が現れる可能性も捨てきれないため、全力で走りきる事がポイントです。

世界は、広く、様々なニースがあります。

こんな物が売れるのか?と何度も驚いた経験をしております。

皆が行うビジネスは、始めやすい部分もあります。

しかし、多くの人と同じビジネスモデルでは、価格競争になるケースも多く、個人でビジネスを進めていきたいと考えている方は、ニッチ市場を狙うべきです。

ニッチ市場を狙うのに、必要なのは「考える事」です。

主婦の方でも、ニッチを見つけてビジネスをされている方もいらっしゃいます。

考える以外では、スマホがあれば十分です。

ニッチ市場を狙うには、ネット戦略が必要なので、PCかスマホがあれば、戦略上問題ありません。

ニッチの起業を考えている方は、是非、日本国内だけの市場を見るのではなく、世界市場から探す事をご検討下さい。

日本国内だけでは狭い市場でも、世界となるとビジネスを成立させる事が出来る市場規模となる場合もあります。

ニッチ起業は、世界を見る事で、チャンスも戦略の幅も広がりますので、お試し下さい。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree