「飲食店」集客 Webマーケティング!来店数を「倍増」させた方法とは!?

飲食店集客で、来店数を倍増させたWebマーケティングがあります。

その方法が「海外向けWebマーケティング」です。

一般的な、Webマーケティングでは、日本語をベースに、日本人の来店を促します。

しかし、集客が激化している日本人だけでなく、外国人の方の来店も促す事で、来店数を倍増させる事は可能です。

飲食店を運営されている方で、Webマーケティングをしっかりと駆使されているお店は少ないのですが、それでもライバルが多いため、集客が年々難しくなっている事は確かです。

そこで、日本のWebマーケティングだけでなく、海外向けWebマーケティングもプラスする事で、今までアプローチ出来ていなかった層の集客も可能とします。

更に良い点として、実店舗で、海外向けWebマーケティングを駆使している企業は、ほぼありません。

ライバル皆無に近い状態で、集客出来ているケースもあります。

たまに、日本語ホームページに、英語ページを付けたサイトを見かけますが、検索にヒットしていないケースが大半ですので、ライバルにはなりません。

しっかりと、外国語で検索にヒットしている店舗は都内であっても少ないです。

訪日客数の大幅な伸びを考えても、外国人の方の集客を行わない理由が見つかりません。

数年・十数年先を考えると、実店舗であっても、外国人の方を集客出来ない店舗は、経営が厳しくなる可能性もあります。

外国人の方の集客でも、様々な手法がありますが、海外向けのホームページは必須です。

飲食店であっても、必ず、海外向けホームページを持つ事をご検討下さい。

集客ですが、SNSを活用される戦略が有効です。

SEO対策だけでなく、SNSも戦略に入れないと集客が難しい時代のため、SNSも積極的に活用される事をお考え下さい。

最後に、外国人の方の来店が上手く行き始めると、ネット上での拡散・プラス、外国人の方が、知り合いの外国人の方を連れてきてくれる場合が多いです。

外国人の方も、知らないお店に入るのは勇気が入ります。

それも異国の地で、知らない・情報もないお店に入るのは、ごくごく一部の勇気のある方だけです。

日本人でも、全く知らない・情報もない海外の店舗に入る方は少ないはずです。

日本の飲食店・情報は不足しております。

どれだけ、飲食店で

 美味しい料理を提供している。

状態でも、外国人の方が知らなければ、来店がないのは当然です。

飲食店であっても、海外向けWebマーケティングは必須の時代です。

訪日客数が伸びた事で、益々、チャンスが広がっております。

是非、飲食店の集客でも、海外に目を向ける事をお考え下さい。

日本人は少なくなります。そのデータを頭に入れ、先を見た戦略を練らなければ継続した集客は困難です。

現状では、様々な地域でネットライバル不在ですので、外国人集客もご検討いただければ幸いです。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree