「生地・繊維」の輸出について、「生地・繊維」は輸出するべき製品!?海外受注も解説!

生地・繊維は輸出するべき製品だと考えております。

そう感じる大きな要因として、日本製の生地・繊維のレベルの高さです。

生地・繊維は、海外でも生産されておりますが、技術の差が出やすく、良い生地を作るには高い技術力が必要となります。

日本企業の技術が活かされた生地は、海外でも高い評価を得ており、世界でも戦える力がある事は間違いありません。

しかし、日本の生地の輸出額は伸びておりません。

生産量自体も減少傾向にあり、生地製造に関わる企業も減っているデータが出ております。

生地の生産量が減っている大きな要因として、輸入生地の台頭が挙げられます。



輸入生地は増加傾向にあり、価格では対抗する事が難しいと考えております。

そこで、必要となるのが「品質の良い生地の輸出」です。

世界各国の生地の需要は伸びております。

品質の良い生地が求められる市場も比例して伸びていると予測されているため、日本の繊維産業は、良質な物を海外に輸出する流れが有効です。

ですが、どう海外企業と取引を始めればいいのか?分からないと言われる方も多いです。

生地・繊維の輸出でも、役に立つのが「インターネット」です。

生地・繊維などの特定の分野のマニアックな情報は、インターネット上に掲載しておくだけでも、海外企業から引き合いがあります。

海外展示会に出すとしても、アプローチ出来る範囲は狭いです。

しかし、インターネットであれば、世界中の様々な方に、情報を届ける事が可能なため、繊維産業の輸出でも、インターネット戦略は外せません。

そのため、生地・繊維の輸出を検討されている企業は是非、海外向けホームページを作成する事をお薦め致します。

日本の良い製品を求めている海外企業は多いのですが、探す事が出来ないと言われる場合が大半です。

弊社が運営している海外向けサイトでは「171か国」からアクセスがあり、40か国ほどと取引をしております。

繊維産業でも、幅広い国から引き合いをいただける可能性が高いです。

日本製生地の品質は、世界的に見ても高品質である事は間違いありません。

生地・繊維を製造されている日本企業も品質に自信があると思います。

ただし、その生地の品質も、海外企業が知らなければ意味がありません。

世界のニーズが高まっていても、受注を取れる仕組みを構築しなければ、注文は一生ありません。

お金をかけた海外向けホームページでなくてもかまいませんので、是非、海外向けホームページを作成し、海外に向けて自社情報をアピールして下さい。

海外企業は、企業の大きさではなく、技術力を見て取引を行ってくれます。

生地の世界も大量生産では、安い労働力の海外企業には太刀打ちが難しい部分があります。

そのため、日本の生地は、品質で勝負するしかないのかもしれません。

是非、自社の生地の情報を、海外に向けてアピールする事をご検討下さい。

テストであれば、フェイスブックやツイッターだけでもかまいませんので、実践される事をお薦め致します。

日本製の生地・繊維は、輸出するべき製品です。輸出もご検討いただければ幸いです。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree