「本・書籍」の輸出!!難しい点と、考えなければいけない輸出の流れとは!?

日本の本・書籍は幅広い分野が海外でも売れております。

こんな本・書籍が売れるのか?と驚くようなマニアックな本が売れたケースもあります。

しかし、eBay・Amazonでも、本・書籍は多く取り扱われており、需要はあるのですが、利益を出すのは難しい分野でもあります。

更に、難しい点として

本・書籍は、重いため、海外発送費が高くなるケースも少なくありません。

そのため、本・書籍を小口ではなく、まとめて海外に送るケースも多いです。

まとめて本・書籍を送れば、一冊当たりの海外発送費を抑える事が出来る為、本・書籍では特に有効な手段です。

意外と多いのが、海外に住む日本人の方からの注文です。

海外に住んでいると欲しい本・雑誌・書籍が手に入らないと言われるケースも多いです。

海外で販売されていても、英語で販売されている書籍ではなく、日本語の表現で読みたいと言われる方もいらっしゃいます。

ただし、今後の戦略を考えると、本・書籍の輸出は狙い目とは言いにくい部分があります。

それは、電子書籍の台頭です。

国内でも、電子書籍の売上は伸びておりますが、海外でも電子書籍が浸透しつつあります。

特に、電子書籍で育つ層が増える為、電子書籍が当たり前になる可能性も高いです。

紙の媒体が消える事はないと思いますが、少なくなる事は明らかです。

そこで、もし、扱いのであれば、コレクター物の本・書籍が中長期でも価値があると考えております。

一般的に販売されている書籍は、電子化が進みます。

海外販売となれば、データになるのは必然であり、本・書籍でも利益を上げ続けるにはコレクター物を狙う必要があるのです。

輸出を進めていく上で、目先だけでなく、未来を見ながら、戦略を立てていかなければ安定した利益は望めません。

クライアント様で、電子書籍の伸びを見て、電子書籍を海外販売されている方もいらっしゃいます。

本というカテゴリーでも、輸出戦略の幅は非常に広いです。

2030年を見ながら、輸出戦略も練る事をお薦め致します。

先を見ると、良い戦略・狙うべき商品・組み合わせが見えてきます。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree