「日本酒」の輸出が増えている!?チャンスなのか?海外販売戦略もご紹介!!

日本酒の輸出について、ご相談いただくケースが非常に増えております。

数年前から、テレビでも、海外で日本酒が飲まれているなどの報道もあり、日本酒を輸出されたいと言われる方が多くなっております。

世界的な和食の普及も手伝い、日本酒を求める外国人の方が増えている事は確かです。

そのため、酒蔵に取っては大きなチャンスである事は間違いありません。

ですが、気を付けなければいけないのが、チャンスと思っている方も大勢いると言う事です。

弊社に寄せられる日本酒輸出の相談は氷山の一角であり、酒造メーカーだけでなく、商社や個人の方でも、日本酒の輸出を狙っている状態です。

調べていると、それなりの企業も、日本酒の輸出に乗り出しております。

このような現状をしっかりと把握しないで、日本酒の輸出に挑むのは問題があります。

今までにも、ブームとなっている商品の輸出を見てきましたが、最終的に市場を取るのは、資本のある大手か、大手とは異なる戦略を用いた者だけです。

在り来たりの戦略・商品では、激戦となっている市場で結果を出す事は困難です。

多くの方が選ぶ海外戦略は「海外展示会への出展」です。

楽な部分もあり、確かに商談となるケースもあるようですが、ライバルが大勢いる事を忘れてはいけません。

そこで、商品自体にも、差別化が必須です。

日本で販売されているままで、海外の方に受け入れられるとは限りません。

味だけでなく、商品全体の差別化・アピールポイントが必要です。

ネット戦略も、様々な戦略を取れるのですが、

酒造メーカーで、海外向けのしっかりとしたホームページを持っている企業は稀のため、まずは、海外向けホームページを持たれる事を強くお薦め致します。

海外展示会に出展される場合でも、海外向けホームページは有効に働くため、持っておいて損はありません。

輸出を行う上で大切なポイントが

「ライバルと似た戦略で、似た商品を販売しない」事です。

戦略にも、商品にも差別化が必須です。

そうでなければ、外国人の方に、自社商品を知ってもらう事も難しいです。

これから、日本酒の輸出を始める方は

 情報収集

 と

 海外向けホームページを持つ

上記2点をお薦め致します。

日本酒の輸出は、まだまだ大きく伸びていく事は間違いないと感じます。

しかし、その分、難しくなっている商品のため、安易な戦略では結果を出すのは難しいです。

しっかりと状況把握と、戦略・商品の差別化をご検討下さい。

当たり前の事と感じるかもしれませんが、輸出をする際に、分からないからと安易な選択をされる方も少なくありません。

情報もない状態では、戦略も練れません。是非、情報収集 + 海外向けホームページ作成をご検討下さい。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree