「家電」輸出について、難しい点と、輸出向きの家電とは!?

中国の方の爆買いなどでも取り上げられたように、日本の家電は、海外でも人気があります。

そのため、家電を販売されたい個人の方や、中小企業の方が非常に増えております。

家電輸出で多いパターンとして、大手メーカーの商品を転売されるケースです。

確かに、需要はありますが、ライバルも多く利益を確保するのは難しくなっております。

そこで、扱うべき家電とは、世界に出ていない中小企業メーカーの製品です。

日本の中小企業メーカーの家電は非常に優秀で、世界でも売れる商品が多く存在しております。

しかし、知名度の低さから、ほとんどの製品は、海外に出ておりません。

マニアックな製品ほど、海外を狙うべきです。

日本国内だけでは、小さなニーズしかなくても、世界規模で考えれば、それなりの規模となるケースも多いです。

家電の輸出転売に、未来はありません。

まだ日本を出ていない、魅力ある中小企業メーカーの家電を発掘して、世界にアピールする戦略が有効です。

これは、中小企業メーカーの役にも立ちます。

日本の家電は、世界でも通用するのに、世界を見ている中小企業メーカーが少ないのが現状です。

大手メーカーは、売れそうなありきたりな家電が増えておりますが、

中小企業メーカーの家電は、ある特定の分野に特化したすごい製品を作っている場合も多いです。

個人の方で、家電を扱いたい方は、大手だけでなく、中小企業メーカーの家電もご検討下さい。

中小企業メーカーの方は、自社の家電を世界にアピールする事をご検討下さい。

世界は広く、多くのニーズが眠っております。

世界に出ている日本製家電は、氷山の一角です。

内需が減れば、これから先、世界に中小企業メーカーの家電が輸出されていくはずです。

短期だけの結果を見ずに、中長期の視点で、輸出戦略もご検討いただければ幸いです。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree