「和紙・輸出」の可能性と、輸出・海外販売戦略の概要を解説致します!!

和紙は海外でも認知度が高まっており、海外でも売れております。

和紙の用途は、デザイン関連はもちろんの事、美術の修復などにも用いられているため、海外でも需要は伸びていくと考えております。

更に、和紙の良い点として、マニアックであるがゆえに、一度、海外企業と取引が始まると非常に長い関係を築けるケースが多いです。

和紙の値段もピンきりですが、高価な物でも納得していただければ、ご購入いただけます。

和紙の生産量は年々減っていると言われております。

そのため、和紙は、国内の消費だけに頼らずに、世界市場を見るべき商品です。

和紙の良さ、品質を理解し、お金を払ってくれる方は、海外にもいらっしゃいます。

ですが、和紙を買いたいという海外のニーズがあっても、海外の方はどこで買えばいいのか?分からないと言われるケースが多いです。

和紙を海外向けに、本格販売されている企業は少数であり、まだまだマッチングが上手くいっているとは言えません。

そこで、和紙の販売であっても

「海外向けホームページ + 海外向けネットマーケティング」は外せません。

ニッチ・マニアックな商品こそ、ネットを活用して、幅広い層に向けて情報を伝える努力が必要です。

和紙などは、ライバルが多いわけではありませんので、フェイスブックやツイッターなどだけでも反応が取れる可能性があります。

和紙を後世に残すためにも、日本を含めた世界を見る必要があります。

和紙を販売したいとお考えの方は、是非、日本だけでなく、海外にも和紙をアピールする事をご検討下さい。

セミナー情報

 

3つのセミナーをご紹介

「輸出」「外国人集客」「海外受注」

詳細はコチラ!

xree