STORES.jp・BASEの比較!どちらが海外販売に最適か??

海外販売を行う上で「STORES.jp」「BASE」はよく比較されます。

「勉強会でも、どちらがいいですか?」とよく質問をいただくようになったため「STORES.jp」「BASE」の特徴をご説明させていただきます。


各サービスのアピールポイントについて

 STORES.jp のアピールポイントが「オシャレなネットショップを最短2分で無料作成」

 BASE のアピールポイントが「ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。」

共に、簡単に速くネットショップが出来る事を謳っております。

このことからも、コンセプトが似ているため、特徴も似ていると言えます。


STORES.jpの費用について

STORES.jpは、プランが2種類あります。

 無料の「フリープラン」

 と

 月額980円+税の「プレミアムプラン」

があります。



プレミアムプランは、無料では使えない機能が、使用出来るようになります。

 アイテム無制限(無料プランは「5つ」)

 独自ドメイン

 ロゴの非表示

など

無料でも活用可能ですが、登録出来るアイテム数が「5つ」・独自ドメインが使えない事を考えると、本格的に使う場合は、プレミアムプランに申し込む必要がありそうです。

月額、1000円程度なので、高いとは言えませんが、高性能なレンタルサーバーを借りれる金額なので、維持費は安いとは言いにくい印象です。

商品数が「5つ」以内で、独自ドメインがいらないという方には、いいかもしれません。


BASEの費用について

登録料や、月額料金は全て無料です。

商品が売れた場合に、決済手数料を取られるのですが、それも、また良心的な設定です。



■ BASEかんたん決済手数料

 コンビニ決済・銀行振込決済・クレジットカード決済(各注文ごとに)「3.6% + 40円」

 後払い決済(各注文ごとに)「6%」

手数料が高いサービスだと「10%」ほどになりますので、良心的と言える利用料だと思います。


「STORES.jp」・「BASE」費用比較

費用面だけ見れば、登録料などもかからない、BASEのほうがお得かもしれません。

STORES.jpは、無料プランでは、商品登録数が5つまでなので、多くの方は、有料プラン(プレミアムプラン)を活用しないとネットショップとしては使えないと思います。

STORES.jpは、有料プランでも、毎月1000円程度なので、高いとは言えませんが、年間にすれば、1万2000円の固定費がかかるので、利用期間も考えながら検討しなければいけません。

月額の固定費が1000円程度でも、長い目で見れば、それなりの金額となります。



BASEは、商品登録数に制限がないのも良い点です。

BASEは、商品が売れた際に、決済手数料が発生しますが、その手数料も他のサービスに比べても割安です。

大きな機能差がない「STORES.jp」・「BASE」では、固定費や、商品が売れた場合の費用を計算して選択するべきです。

計算していく中でも、費用面で、BASEは有利と言えます。


「STORES.jp」海外販売対応について

海外販売ですが、海外販売対応というよりも

 ペイパル決済が選べる。

 英語も選択出来る。

ので、海外販売も出来ますよ。というイメージです。

特別、海外販売に特化しているのではなく、シンプルなネットショップを、英語化も出来るので、海外からも商品購入が可能というネットショップです。

そのため、英語以外の言語の対応は難しいです。

もちろん、多言語化は出来ません。


「BASE」海外販売対応について

BASEは、2015年から

 ネットショップを自動で英語表示化

 プラス

 34の通貨に対応

など、海外対応にも力を入れております。



内容だけを見れば「英語化も出来る」「通貨も34種類対応」十分と言えるかもしれません。

しかし、自動英語化は少し理解を深める必要があります。

海外のユーザーが英語設定をしている場合のみ、自動で英語表記にしてくれるため、どんなユーザーにも完璧な言語対応を出来るわけではありません。

通貨は、34種類に対応していると謳っておりますが、あまり意味はないと感じます。

英語対応が基本なのに、複数の通貨に対応しているのも多少、矛盾している部分があります。

もし、様々な通貨にも対応するのであれば、それぞれの言語にも対応出来なければいけないはずです。

その上で、あまりにも、多くの通貨に対応するのは、管理などの観点からも良い戦略とは言えないので、アメリカドルを基礎としていただく事をお薦め致します。


「STORES.jp」・「BASE」海外販売について

双方、海外販売に対応していると謳われております。

しかし、海外販売専用ではなく、英語や、海外通貨での決済が行える状態とお考え下さい。

国内向けネットショップをベースに、英語・海外通貨決済に対応したサービスと言えます。

そのため、双方、海外販売を行う上でも、大差はありません。

海外販売では、基本的に「英語表記」「アメリカドル決済」が出来れば、十分、海外向けネットショップとして機能します。

初めて、費用を抑えて海外向けネットショップを始める方には、どちらもお薦め出来るレベルです。

選択する基準としては、固定費や、商品が売れてきた際に、どちらを選択したほうがお得なのか?その観点で選ばれてもいいと思います。

どちらのサービスでも、海外販売は出来ているので、費用対効果を計算して選択する流れがお薦めです。


「英語だけ」では海外販売が、不十分な理由

「STORES.jp」「BASE」ともに、英語対応しかありません。

しかし、海外販売では、そもそも、英語だけで、世界を狙う事自体が問題なのです。

英語は、世界で広く使用されておりますが、英語が母国語でない方も多いです。

国や地域によっては、英語があまり通じない地域もあります。

そのため、「英語だけ」で海外販売は、OKではありません。

初めにテストするのであれば、英語だけでもいい場合もありますが、言語の選択は注意が必要です。

英語以外の言語で、反応が取れるケースもあるため、実際には、複数の言語で、マーケティングを行う必要があるのです。

そう考えると「STORES.jp」「BASE」だけでは、海外からの売上を最大化させる事は困難と言えます。

初めは「STORES.jp」か「BASE」でスタートしてもOKですが、将来を考えれば、複数の言語に特化したオリジナルの海外向けネットショップが必要な時は来ます。


海外からのアクセスは来るのか?

「STORES.jp」「BASE」共に、しっかりと対策を行わないと、アクセスはほぼありません。

ネットの感想でも、「STORES.jp」「BASE」は売れないと言っている方も多いのですが、そもそもアクセスを集める施策がなければ、売れる商品も売れません。

多くのケースで「STORES.jp」「BASE」をベースに、海外向けネットショップを作っただけとなっております。

アクセスがない、ネットショップは持っている意味がありません。

「STORES.jp」「BASE」どちらがいいではなく、その先の「集客」が重要なのです。

ネットショップを作るのは、小学生でも出来ます。

ですが、ネットショップは、作った後に、如何にしてアクセスを集めて、売上を上げるかが問題です。

「STORES.jp」「BASE」で、英語のネットショップを作ったからと言って、商品が売れるほど甘くはありません。

どちらかと言えば、アクセスを集めるのは、オリジナル海外向けネットショップよりも、「STORES.jp」「BASE」などのほうが難しいケースも多いです。

簡単に、海外向けネットショップを構築出来るサービスを比較される方が多いですが、どのサービスを活用しても「集客戦略」がなければ結果は同じです。

必ず「集客」を意識して下さい。

集客面も考慮して、サービスを選ぶのが正しい戦略です。


「STORES.jp」「BASE」から商品が売れない原因とは

「STORES.jp」「BASE」から商品が売れない大きな要因は

 商品自体の問題(商品力・価格帯・見せ方など)

 または

 集客面の問題(アクセスが少ない・アクセスの質が悪い)

など、商品が売れないのは「STORES.jp」「BASE」以外の問題が大半です。



「STORES.jp」「BASE」は、シンプルで、サイトとしては悪くありません。

しっかりと、売れる商品を並べて、アクセスがあれば、確実にどちらからでも商品は売れます。

「STORES.jp」「BASE」から売れないと言われる方は、商品・集客面を見直す必要があります。

使用するのか?悩まれているのであれば、どちらも無料ですので、触れてみて下さい。

操作も簡単で、初めてネットショップを持つ方でも分かると思いますので、まずは、登録する事からお試し下さい。


「STORES.jp」「BASE」海外販売・比較まとめ

「STORES.jp」「BASE」は、大きな差はありません。

双方、英語対応・海外通貨決済にも対応しているため、どちらを選択しても、海外販売は可能です。

差があるとすれば

 固定費、決済手数料

 操作性

 サイトデザイン

などです。



固定費が、一番大きな差が出るかもしれません。

後は、スマホやパソコンでの操作性を、確認する事が大切です。

どちらも、シンプルに制作されておりますが、管理画面の使い易さには、好みもあるので、実際に触れて試す事をお薦め致します。

サイトのデザインも似ておりますが、自身のイメージするデザインがあれば、そのデザインで、サービスを選ばれてもいいと思います。

まずは、両方、登録してみる。

操作性や、サイトのデザインを確認して、1年にどれだけの費用がかかるのか計算して、どちらを選択するのか決めて下さい。

ネットの情報だけを鵜呑みにして決めるのではなく、実際に自身でも触れてみる事が大切です。



その上で「STORES.jp」「BASE」どちらにするのか?悩むのは時間の浪費です。

「STORES.jp」「BASE」差がないため、まずは、好みや固定費で、すぐにどちらのサービスを使うのか決めて下さい。

そして、どうやってアクセスを集めるのか?

集客戦略に、時間を使って下さい。



どちらも、無料で始める事が出来るので、気軽な気持ちで触れて、まず、1商品でもいいので登録して下さい。

 どこに時間をかけるべきなのか?

 本当に重要なポイントは何なのか?

も考えながら、海外販売の戦略を進めていただく事がポイントです。

「STORES.jp」「BASE」どちらを選択するのか?が重要なポイントではありません。

それでも迷われる方へ、弊社の意見としては「BASE」で十分と感じます。

どちらを使うのか?迷う時間がもったいないです。

是非「BASE」でもいいので、登録し、海外向けネットショップを制作して下さい。

海外向けネットショップを作れば、どんな事が重要なのか見えてきます。ますは、お試し下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree