eBay・Amazon輸出リサーチツール活用時の大きな問題点とは!?

eBay・Amazon輸出を行う際に、リサーチツールを使う方も多いと思います。

eBay・Amazonで売れている物が分かれば、後はeBay・Amazonに登録するだけで商品は売れていきます。

そのため、eBay・Amazon輸出を行う上で、リサーチツールは使うべきツールである事は間違いありません。

しかし、意識しなければいけないポイントが

「多くのライバルも同じツールを使っている」点です。

eBay・Amazonでは、売れている商品が全て分かってしまいます。

ツールの使い方にコツはあるものの、さほど難しい事ではなく、売れている商品を簡単に見つける事は可能です。

自身で、ようやく見つけた売れる商品や、ライバルが少ない商品を見つけても、ライバルも同じツールを使っているため、すぐにライバルが参戦してくるのです。

本来、リサーチツールは、ごく一部の人だけ使えれば最強のツールと言えます。

ですが、誰でも簡単にリサーチツールを使用する事が出来るため、独自の商品でなければ、eBay・Amazon輸出で利益を上げ続ける事は、かなり難しいです。

実践されている方は分かると思いますが、ある程度、商品が売れ始めるとライバルが現れる、そして、価格競争、また新しい価格差のある商品を探す、この繰り返しとなっているケースが多いです。

クライアント様には、常に「同じ商品を、同じ売り方ではリスク」とお話させていただいております。

eBay・Amazon輸出で、利益を上げるには

 仕入れ値を抑える

 独自商品を扱う

上記、2点が非常に重要です。

ライバルよりも、安く仕入れる事が出来るか

ライバルが、仕入れ・扱う事が出来ない商品でないと、価格競争となる場合が大半です。

もし、仕入れ値を抑える事や、独自の商品を扱う事が難しいと思う方は、別のリサーチツールの使い方をご検討下さい。

その使用方法は、リサーチツールを使って、eBay・Amazonで販売するのではなく、売れる商品を、海外向けネットショップで販売する戦略です。

eBay・Amazonで売れている商品を、eBay・Amazonで販売すれば、価格競争になる可能性が高いです。

そこで、eBay・Amazonで売れている商品を理解して、ライバルの少ない国や地域向けのネットショップで販売するのです。

この流れを行っている方は少なく、単純なeBay・Amazon販売よりも、安定した売上・利益が見込めます。

しっかりと、今後、輸出で利益を上げるには、重要な戦略です。

eBay・Amazonの仕入れ・扱う商品を差別化出来ないのであれば、販売戦略を変える必要があります。

海外向けネットショップというと難しいと感じる方もいらっしゃいます。

しかし、慣れてしまえば、誰でも活用可能です。

それも、費用は、0円~数万円もあれば、海外向けネットショップは構築出来ます。

無料のツールだけを駆使して、海外販売する事も可能ですので、eBay・Amazonだけでなく、海外向けネットショップは必須の戦略と言えます。

eBay・Amazon輸出を始めたい方・すでに、始めている方も、是非、一度は、海外向けネットショップを持つ事もご検討下さい。

 リサーチツールを利用
 ↓
 売れている商品を理解する
 ↓
 eBay・Amazonではなく、海外向けネットショップも活用

この流れを行う方は、多くないのでお薦めの戦略です。

海外向けネットショップを使う事が出来れば、扱う商品によって、販売戦略を、eBay・Amazon or 海外向けネットショップと選ぶ事も出来て戦略の幅が広がります。

独自商品であれば、eBay・Amazonを活用したほうが、効率的という場合もあります。

リサーチツールを活用される際も、ライバルとの差別化をご検討下さい。

ライバルと少し戦略を変えるだけでも結果は大きく異なります。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree