Amazonサスペンドに脅えるのか?それとも他の戦略を取り入れるのか?

ネット輸出を行う場合に「Amazon」を活用される方も多いと思います。

Amazonは、非常に強力なプラットフォームであり、売れる商品を、売れる価格帯で置いておけば、自然と商品は売れていきます。

その力を活用したAmazon輸出は良い選択肢だと感じます。

しかし、Amazonを活用する際の大きなリスクとして

Amazonアカウントのサスペンド(停止)が挙げられます。

私の周りでも、アカウントが停止された方は多くいらっしゃいます。

Amazonを活用していれば、このサスペンドは、いつ起きてもおかしくありません。

どんな状態であろうと、Amazonがダメと言えばダメです。

これは、Amazonというプラットフォームを活用する以上しかたのない事です。

今までに、Amazonで大きな売上を記録していたとしても、アカウントを停止されれば、売上はゼロとなります。

Amazonは強力な販売ツールの一つですが、そのサスペンドの可能性が付いて回る以上、リスクヘッジが必要と考えております。

そのリスクヘッジとして

Amazonだけでなく

「オリジナルのネットショップを運営する」事を強くお薦め致します。

セミナーの参加者様や、クライアント様には常に

「Amazonだけ」「ebayだけ」はリスクがありますと、繰り返しお伝えさせていただきました。

リスクを回避するためにも、Amazonなどのプラットフォームに頼りきりになるのではなく、自社でもオリジナルのネットショップを運営する事で、万が一、Amazonアカウントがサスペンドとされても、売上がゼロになる事はありません。

更に、Amazon + 海外向けECサイトには大きなメリットもあります。

Amazonで売れている商品は、海外向けECサイトでも売れる。

Amazonで、どんな商品が売れているのか?分かっていれば、その商品を海外向けECサイトで販売する事も可能です。

もちろん、商品の価格にもよりますが、基本的には、Amazonで売れている商品は、海外向けECサイトでも売れます。

ポイントとしては、

「Amazonで売れている商品を、Amazonで売らなければいけないルールはない」

弊社クライアント様で、Amazonで売れている商品をリサーチして、その商品をAmazonで販売するのではなく、オリジナルの海外向けECサイトで販売されている方がいらっしゃいます。

このような戦略を取れば、サスペンドを気にする事もなく、販売を続ける事が可能です。

もちろん、Amazon + 海外向けECサイト、双方を活用する戦略もお薦めです。

どちらかで販売すれば、いいのでは??

と考える方もいらっしゃいますが、全てのユーザーがAmazonで商品を買うわけでも、海外向けECサイトだけで買うわけでもありません。

双方に商品を掲載して、双方のユーザーにアピールする事で、様々な層のお客様にアプローチする事が可能となるのです。

その上で、Amazon販売と言っても全世界を相手に出来るわけではありません。

ですが、海外向けECサイトであれば、戦略を変える事で、Amazonでアプローチしにくい国へもアプローチする事が可能となるのです。

これは、大きなメリットです。

南米やアジア・中東などにも海外向けECサイトを駆使して、販売ルートを広げる事で売上の倍増 + 売上の安定にも繋がるのです。

Amazon輸出は、使い方によってはコストパフォーマンスの高い運用が可能です。

しかし、Amazonに頼るため、Amazonが言った事は絶対で、サスペンドにならないという保障はありません。

そこで、リスクヘッジの観点と、売上アップの戦略を考えても、海外向けECサイトは外せない選択となるのです。

現在、Amazonを活用されている方は、海外向けECサイトの運営を

これから、Amazon輸出を始める方も、海外向けECサイトの運営をご検討下さい。

Amazonなどのプラットフォームと海外向けECサイトの組み合わせで継続した売り上げを上げる事が可能となります。

海外向けECサイトは初期費用や運営の手間もかかりますが、輸出を行う上で実践しておいて損はありません。ご検討いただければ幸いです。


Amazon輸出リスクヘッジポイントまとめ

Amazonだけはリスクがある

アカウントのサスペンド(停止)
商品が扱えなくなる
など

だからこそ

Amazonだけでなく、海外向けECサイトも運営しておく

メリットとして

Amazonだけではアプローチ出来ない層にも、海外向けECサイトならアプローチする事が可能

海外向けECサイトは戦略を変える事で、世界の幅広い地域への商品販売を実践出来ます。

プラスして

Amazonで売れている商品を、Amazonを活用しないで、海外向けECサイトで販売する戦略も有効です。

Amazon活用のリスクと、自社の扱っている商品を加味しながら、戦略を練っていただければと思います。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree