越境ECサポート・支援!!何が必要なのか?お金ではない事は確か??

越境ECを始めたい中小企業が増える中で、補助金や支援など、様々な越境ECのサポートが生まれております。

補助金は受付を終了しましたが、越境ECの支援で必要なのは、お金ではない事は確かです。

お金が不要な理由として、

お金をかけずとも、越境ECを始める事は可能であり、無料のツールだけでも、十分、海外から売上を上げられるからです。

そもそも、越境ECと言っても、立派な越境ECサイトが必要なわけではありません。

商品数が少ないケースや、受注獲得を狙う戦略であれば、カート機能も不要な場合は多いです。

更に、企業によってはテストマーケティングや、商品開発が必要な場合もあります。

そのような場合には、越境ECサイトではなく、海外向けホームページがマッチしている場合もあります。

海外から売上を上げる = 越境ECサイト ではありません。

ゴールにより、必要となる戦略・Webサイトは大きく異なります。

その上で、越境ECサイトを作っても、アクセスを集める事をしっかりと考えていないケースが非常に多いです。

国内ECサイトと同じく、越境ECサイトも、作っただけではアクセスは集まりません。

越境ECには、国内とは異なる、海外向けWeb戦略が必要となるのです。

そのため、支援やサポートで大切なのは、戦略や知識の提供が重要と考えております。

お金ではありません。

お金をかけずとも、戦略と知識があれば、海外から売上を上げる事は可能です。

いくら立派な越境ECサイトを制作しても、戦略・知識がなければ、売上を上げる事は困難です。

出来れば、作る前に、越境ECの知識を身に付けていただきたいです。

越境ECサイトは、作る前に、しっかりと方向性を考えなければいけません。

・ドメイン
・キーワード
・輸出先

・デザイン
・掲載する商品
・サイト構成

など、方向性が決まっていなければ、本来は、越境ECサイトを制作する事は難しいのです。



まずは、越境ECの概要を理解する。

その後に、得た知識を元に、越境ECサイトの戦略を練る。

練った戦略にそって、越境ECサイトを制作する。

上記の進め方を実践する事で、売上の上がる越境ECサイトを制作する事が出来るのです。

安易に制作された越境ECサイトで、売上を上げるのは困難です。

日本企業が制作した越境ECサイトで、海外からアクセスがあるサイト自体が珍しいです。

日本向けECサイトの、言語を変更したサイトが、越境ECサイトではありません。

越境ECサイトは、ゼロから、しっかりと制作する必要があります。



越境ECサイトを作れば海外から自然とアクセスがあるは幻想です。

越境ECサイトは、海外を狙うため、ライバルも多いケースもあります。

そのため、国内よりも綿密な戦略が必要という場合も少なくありません。

越境ECサイトの制作を依頼するからと言って、運営者が越境ECの知識がいらないわけではありません。

越境ECサイトを作る場合にも、プロに丸投げしているというケースが目立ちます。

本当に力のある制作会社であれば、いいのですが、ただ、越境ECサイトを制作するだけの企業であれば、外国語で読めるECサイトが完成しただけです。

越境ECで、本当に利益を上げるのに必要なのは、英語が出来る人材でも、お金でもありません。知識と戦略です。

分からないからと、学ぶ事をしなければ、越境ECで売上を上げるのは難しいです。

是非、サポートや支援だけに頼らずに、自社・自身でも越境ECの情報収集を常に意識していただく事をお薦め致します。

知識があれば、0円でも、海外から売り上げを上げる事は可能です。

これから、越境ECを始める方は、越境ECの概要を理解される事をから始めてはいかがでしょうか?

理解を深めてから、越境ECサイトを制作しても遅くはありませんので、まずは、しっかりと学ぶ事をご検討下さい。

無駄なコスト削減にもなります。お試し下さい。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree