越境ECに補助金など不要! 必要な物とは何か!?

越境ECの補助金が昨年、募集終了となりました。

かなりの数の申し込みがあったようで、弊社にも、越境ECの補助金について、数件お問い合わせをいただていおりました。

それだけ、越境ECを始めたい企業が増えている事を表しております。

しかし、越境ECに初めから、多額の資金は不要です。

資金ゼロからでも、海外販売・受注は可能です。

立派な越境ECサイトがあれば、売れるわけではありません。

必要なのは「戦略」です。

どうやって、お客様を越境ECに集めるのか?

綺麗な越境ECを作る事がメインで、ネット広告を活用する程度しか戦略を考えていないケースが非常に多いです。

無料のブログや、ツール・アプリなどを駆使すれば、お金をかけずとも、越境ECを成立させる事が出来ます。

更に問題点として、何のデータ・経験もない状態で、反応の取れる越境ECを作成する事も難しいです。

 どの国向けですか?

 何の言語で作成しますか?

 商品は何を並べますか?

 決済方法は何を選択しますか?

など、何のデータもない状態で、越境ECを作る事自体が実は難しいのです。

そのため、初めから資金をかけた越境ECを作るのではなく

まずは、テストマーケティングを行い、どの国で、どんな需要があるのか?

探る事からスタートさせる戦略も有効です。

越境ECでも、初めから、全ての機能が付いていればいいわけではありません。

どんな機能が必要で、どんな設計にしなければいけないのか?データが必要です。

初めは、どんな企業でも手探りになるのは当たり前です。

そう考えると、初めから、資金をかけた越境ECを作るよりも、世界の需要を探る戦略が効率的であり、有効と考えております。

越境ECの補助金が終了したからと、越境ECを止めるのはもったいない事です。

越境ECは、非常に可能性があります。

世界各国の爆発的な伸びを考えれば越境ECを始めない選択はあり得ません。

十数年すれば、どんな日本企業も越境ECサイトを持っているはずです。

越境ECを始めるのに、お金がかかるわけではありません。

初めは、無料のツールやアプリを多用して、費用を抑えてスタートさせて、世界の需要が読めた上で、大きな資金を投入する流れがお薦めです。

初めから「立派な越境ECサイトが必要」ではありません。

越境ECの補助金をご検討されていた方も、補助金が貰えなかったから、越境ECは止めようではなく、無料でも始められる戦略もお考え下さい。

必要なのは、補助金ではなく「行動」と「戦略」です。



 補助金など不要
 ↓
 越境ECは、お金をかけずとも始める事が可能です。



 初めから立派な越境ECは無意味
 ↓
 テスト・データを元に、越境ECを設計しなければ、反応の取れる越境ECは作れない



 必要なのは「戦略」
 ↓
どうやってアクセスを集めるのか?



 一番重要な戦略「始める事」


第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree