自宅開業のポイントや種類・失敗例・戦略から構築まで解説致します。

自宅開業への注目度が年々増しているようで、弊社セミナーや勉強会に参加される方も、自宅開業を考えている方や、実際に開業されている方の参加・相談も増えております。

弊社クライアント様で、海外の自宅で教室を開いている方もいらっしゃいます。

ただし、簡単に参入出来る分、しっかりと戦略を立てた上で、開業しないと利益を上げるのは困難です。

そこで、自宅開業を行う上で大切なポイントや戦略について解説させていただきます。


自宅開業のメリット

 初期費用を抑える事が出来る。

 知識やアイデアがあれば、すぐにでも始める事が出来る。

やはり、自宅開業は、費用面などを見ても、やり易い部分があります。

知識や資格を持っていれば、すぐにでも始められるのも人気を集めている理由と考えております。


自宅開業の難しい点について

まず、自宅開業で難しい点と言えば「集客」です。

ホームページや、ブログ、チラシ配布などを行えば、人が集まると考えている方もいらっしゃいますが、そう甘くはありません。

誰に、どんなサービスを行うのか?

この「誰に」をしっかりと考えないと、集客する事は難しいです。


自宅開業の多い失敗・要因 ①

集客が出来ないというのも多い失敗なのですが「ライバルの存在」も挙げられます。

流行りでは

 エステサロン関連(ネイルサロン)

 リンパマッサージ・整体

 ヨガ

などの開業を目指している方が多いです。

しかし、エステやヨガなどは、自宅開業の定番で参入者が多い点と、大手の存在もあり競争は激化しております。

大手ですら集客に苦戦している状態です。

このように人気のある業界は、確かに需要はあります。

ですが、しっかりとした差別化「足を運んでもらえる理由作り」を図らなければいけません。

大手と似たお店で、始めたばかり、価格も大差がない、これでは売上を上げるのは難しいです。

開業する前に、どんなライバルがいるのか?

そのライバルにも勝てる要素はあるのか?

しっかりと考える必要があります。

これは、集客面も同じで、似た集客法だけでは弱いです。

ホームページも似たデザイン。似た内容、これでは、大手を選ぶ方が多いはずです。

サービス内容を変える・価格帯を変える・お客様を絞る、など、差別化もしっかりとご検討下さい。

資格を取ればOKではありません。

 ビジネスモデルの差別化

 +

 集客戦略

が必須です。


自宅開業の多い失敗・要因 ②

自宅開業で多い失敗として「立地の問題」も多いです。

駅から離れており、バスなどもない、それなのに駐車場なし
(駐車場があっても自宅の車が止まっていて、お客様の車が止められない)

都心から遠く離れた場所でも、集客が難しいケースもあります。

行っても見たいと思っていただいても、距離があれば、通う事も難しく立地上、集客が困難なケースも多いです。

このような場合は、ビジネスモデルや、ターゲットを考え直す必要があります。

弊社クライアント様の例として

自宅が都心から離れているため、自宅開業ではなく、教室を開く場合は、都内のレンタルスペースを活用されている方もいらっしゃいます。

集客面を考えれば、自宅にこだわる必要はないと思います。

自宅でも、複数のレンタルスペースでも教室を開く事も可能です。

ビジネスモデルなども考えながら、本当に自宅開業がベストなのか?ご検討下さい。


資格ではなく「アイデア」が必要

自宅開業のため、資格を取ろうとされる方も多いのですが、ただ資格を持つだけではビジネスにはなりません。

もちろん、先を考えた上での資格取得は問題ありません。

しかし、漠然とした状態で、資格があれば自宅開業出来るだろうと危険です。

資格を取り、自宅開業で失敗したパターンは多いものです。

資格よりも、必要なのは「アイデア」です。

弊社クライアント様の例として

その方は、資格は持っておりません。

ですが、集客が行えるため、自宅に専門家などを招いて、イベントや教室を開いております。

資格を持たなければいけない、は固定観念であり、ビジネスモデルが大切です。

資格がなくても、資格を持っている方に教えてもらうなどの方法もあります。

更に、確認していただきたいのが、自身の持っている知識や経験です。

自分では、当たり前と思っている事でも、人から見れば、その知識や経験を教えてほしいと言われるケースもあります。

そのため、まずは、自身が持っている知識や経験で活かせるものはないか?

人脈から、誰かと組んでビジネスを構築出来ないか?

など、書き出す事をお薦め致します。

その書き出したものを、誰かに見てもらう方法もお薦めです。

俯瞰した意見は非常に貴重なため、是非いただけるのであれば、ヒントとなりますので、お試し下さい。


「自宅開業」まとめ

副業や起業の流行りとして、自宅開業をされたいと考えられている方が増えております。

しかし、自宅開業はリスクも少なく、始めやすいのですが、上手く軌道に乗せるのが難しい場合も多いです。

自宅開業でも、固定観念にとらわれる事なく柔軟な戦略・選択が必要です。

「資格があればOK」ではありません。

「自宅開業にこだわる」場合にもよると思いますが、上手くビジネスを回すためには立地は非常に重要です。

自宅にこだわり過ぎずに、自宅以外でも都心のレンタルスペースでビジネスが出来ないか?もご検討下さい。

自宅でも、しっかりと集客出来る立地は多いとは言えません。

・自宅がどの都道府県にあるのか?

・自宅がある地域の人口は?

・交通網はどうなっているのか?

しっかりと分析しないと、お客様に足を運んではいただけません。


 自宅の立地

 ビジネスモデル

 ライバルの存在

 集客

を考えた上で、自宅開業をお考え下さい。

自宅開業と言っても、自宅で作品を作り、ネットショップ運営に切り替えたクライアント様もいらっしゃいます。

自宅だから楽でいい、リスクもなく始められると安易な選択ですと、無駄な労力になる可能性もありますので、これから、自宅開業をしたいと考えている方は、今一度、ビジネスモデル構築からお考えいただく事をお薦め致します。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree