翻訳料金の目安と海外販売・輸出・海外向けサイトへの活用注意点!

海外販売・輸出・海外向けサイト制作の際に、翻訳の費用がどのくらいかかるのか?ご質問をいただきます。

そこで、翻訳料金の目安をご紹介致します。

まず、翻訳を依頼する際の選択肢として以下のパターンが考えられます。

○翻訳を専門としている企業に依頼する。

翻訳を専門としている企業に依頼すると翻訳費は高いですがクオリティの高い翻訳が期待出来ます。

普通に翻訳をするだけだと、文章に違和感が出るケースもありますが、翻訳の専門企業であれば、そのような違和感も少なく海外の方がスムーズに読んでもらえると思います。

ただし、コストは高いです。

企業により値段は異なりますが、20円前後~ という場合が多く、作文用紙1枚400文字程度の依頼で数万円の翻訳費を支払った場合もあります。

そのため、かなり専門的な説明などの場合に依頼するといいと思います。

○クラウドソーシングの翻訳サービスを活用する。

インターネット上から気軽に翻訳を依頼することが出来るサービスが最近、非常に増えております。

翻訳費はだいたいですが、1文字4円前後~と言ったケースが多いです。

専門用語を使用しない一般的な海外向けサイトなどでは十分なレベルだと思います。

○フリーランスの方に依頼する

翻訳をフリーランスでおこなっている方も非常に多いです。

SOHOなどでも探すと、かなりの方がヒット致します。

弊社も以前に翻訳家を募集した際に多くの方から問い合わせをいただきました。

今後、翻訳を多く依頼するのであればフリーランスの方に依頼する方法はオススメです。

ですが、フリーランスの方にも翻訳のレベルや経験にかなりの差があります。

海外に住んでいた方~翻訳を専門として数十年活躍されている方まで幅広くいらっしゃいます。

そのため、価格や納期なども考量しつつ、自身のイメージしている翻訳内容を具現化出来る翻訳家の方を探すことがポイントとなります。

費用も1文字いくらだけではなく、まとまった量でいくら(例、作文用紙1枚いくらなど)と交渉することも可能なので、長期的に見るとコスト面でフリーランスの方に依頼するのは有利なケースもあります。

///////////////////////////////

翻訳を依頼すると言っても選択肢は多いです。

自社が求めている翻訳の内容はどんな内容なのか?翻訳の精度を重視するのか?翻訳コストを抑えたいのか?によっても選択肢は変わってきます。

翻訳だけでなく、売れるコピーライティングまで求めると費用は跳ね上がります。

そのため、複数の選択肢を吟味して自社に合った翻訳パターンをリサーチして下さい。

テストで複数の企業に翻訳を依頼してもいいと思います。

翻訳の納期にも差があるので実際に依頼してみないと分からない部分も多いので注意が必要です。

いくら海外向けサイトにアクセスを集めても伝わらない翻訳では意味がありません。是非、翻訳も安易に考えず比較検討される事をオススメ致します。

※上記内容はあくまでも翻訳の目安です。実際に見積もりなどを取りご検討下さい。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree