翻訳を依頼する際に意識してほしいポイントとは!?

翻訳を依頼する際に意識してほしいのが「日本特有の表現方法」です。

「優美」「堪能」「気品」「奥行きのある色づかい」「空間を埋め尽くす」などなど

日本語は独特な表現法や言葉が数多く存在しており、翻訳を依頼する文章にも使用している場合があります。

もちろん、一般的に使われている日本語や、多少表現の難しい日本語でも翻訳は可能です。

しかし、日本特有の表現が多いと、翻訳自体の難易度は高くなり、出来上がった英文の中には外国人の方が読んでも分かり難い英文になってしまうケースもあります。

そのため、自身が作成した文章の表現を「別の簡単な表現」に変えられないか?ご検討下さい。

日本人が読むと淡泊と感じる文章でも、要点を押さえていれば英文にしても内容はしっかりと伝わります。

その上で、メリットとして「翻訳費」の節約にも繋がります。

翻訳をおこなってくれるサービス・企業は数多く存在しております。

ですが、翻訳家のレベルや翻訳のチェック体制によっても翻訳費用に大きな差が出ます。

日本語の表現が難しければ、難しいほど翻訳のレベルを上げなければ、外国人の方に伝わる英文に翻訳するのは難しくなります。

安い翻訳サービスであれば「1文字4円」程度の費用に対して、高度な翻訳になると「1文字20円~40円」ほどの費用がかかります。

そのため、出来るだけ簡単な日本文であれば、それだけ翻訳サービスの精度も抑えることが出来るので翻訳費の節約にもなるのです。

弊社では「文章の表現を変える」または「文章量を減らして」浮いた分の費用をリスティング広告費に充てる戦略もオススメしております。

他にも、画像や動画を使用する事で、英文の使用量を減らし翻訳費削減する方法もあります。

翻訳を依頼する前に、文章の内容だけでなく「日本語の表現法」もチェックすることをオススメ致します。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree