町工場の営業で、世界から受注・注文を得るには何が必要なのか??

町工場でも、今後の展開を考えれば、世界から受注・注文を獲得出来なければ、経営が難しい時代になると感じております。

内需が伸びるとは考えにくく、日本だけで受注・注文を獲得するのは、パイの奪い合いになるのは目に見えております。

そこで、活躍するのが「ホームページ」です。

ホームページなど持っているよ、とおっしゃる方も多いと思います。

しかし、町工場で、ホームページの力を上手く引き出せている企業は少ないです。

ただ、ホームページを作っただけとなっているケースも多く、それではホームページから受注・注文を獲得する事は困難です。

その上で、海外ホームページを活用して、海外から受注を獲得している町工場は、数えるほどしかないと思います。

最近では、海外向けホームページを持っていると言う、機械関連の企業が増えておりますが、実際に、海外から注文を取れている企業は稀のはずです。

実際に、海外から受注が取れているのか?ある程度、ネットで分析すれば予測する事が可能です。

そもそも、海外向けホームページの作り方に問題がある場合も多く、そのような状態では、海外からアクセスを集める事は困難です。

日本語ホームページの言語を変えただけのパターンや、デザインも日本向けと全く同じというケースも多く、海外向けホームページを理解していないのは明白です。

海外向けホームページは、日本向けホームページの言語を変えだけではありません。

 ドメイン
 キーワード選定
 デザイン

など、様々な要素を、海外向けにしなくてはいけません。

海外向けホームページもただ持てばいい・ホームページの言語を変えればいいわけではありません。

しっかりと、一から、戦略を練り、海外向けホームページを構築する事で、世界から受注・注文を獲得する事が可能となるのです。



世界から受注を獲得するためにも「海外Webの知識」は必須です。

国内で多少、ホームページを触っていても、海外向けのWeb戦略の知識がなければ上手くはいきません。

そのため、海外向けホームページを構築する際にも、まずは、海外Webの勉強をされる事をお薦めしております。

海外向けホームページ構築・戦略・管理を、分からないからと他社に丸投げするのはリスクです。

本気で、受注・注文を増やすには、海外Webの知識を身に付ける必要があります。

上手く、海外向けホームページを活用出来るようになれば「171か国からのアクセス」「40か国以上から引き合い」をいただく事も可能です。

もし、171か国に営業をかけ、40か国と取引を出来る人材を雇うとなると、人件費はいくらになるのか?年間、数百万円では収まりきらないと思います。

ですが、海外向けホームページは、数万円~十数万円で、十分、海外から受注を獲得する事が出来ます。

はっきり言って、お金はそこまでかける必要性は低いです。

海外からホームページを活用して、受注を獲得するには、数百万円もかける必要はありません。

無料のツールをフル活用出来る場合は、ドメイン費だけというケースもあります。



更に言えば、海外向けだからと、新しい人材を雇う必要もありません。

海外から、ひっきりなしに注文が来るようになれば、外国語が出来る人材を雇うのもいいと思います。

ですが、初めから、外国語が出来る人材は不要です。

多くの企業では、英語が出来る人材を雇おうとします。

しかし、アジア圏や南米などからの受注・注文が多ければ、英語だけでは不十分です。

そのため、人材を雇うとしても、海外からの受注や注文の全体像を把握してからでないと無駄が生じます。

初めは、フリーの翻訳家の方に依頼する方法もお薦めです。

必要な時に、必要な量の依頼が出来るため、効率的です。



クライアント様の中には、英語が出来る人材を雇っていない方もいらっしゃいます。

この方は、複数名の翻訳家の方に依頼する事で、様々な国から受注がきても対応出来る体制を整えております。

費用対効果からも、フリーの翻訳家の方に依頼するのは町工場などに向いている戦略と考えております。

町工場の営業マンは、ホームページがマッチしております。

無理に人材を増やす事なく、知識さえ身に付けてしまえば、自社でホームページを管理・運営する事も可能です。

インターネットの知識があれば、海外からの受注や注文を獲得する事も可能であり、町工場が安定した経営を続けるには、インターネット活用が良い戦略なのは明白です。

海外から受注を取るために、海外営業が出来る人材を探すだけでも大変な事です。

新しい人を雇うのは、時間もコストも労力もかかり、人は辞めないとも限りません。

これから、受注額・注文数を増やしたいと考えている方は、是非、改めてインターネットマーケティングを学ばれる事をご検討下さい。

出来れば、国内だけでなく、海外Web戦略も学ぶ事で、海外からの受注を獲得する事も出来ますので、海外にも目を向けていただければ幸いです。



■ ポイントまとめ

海外向けホームページは、日本語ホームページの言語を変えただけではない

しっかりと、一から、戦略を考え構築する必要がある。

 ドメイン
 キーワード選定
 デザイン

なども、海外向けに考え直す必要があります。



海外向けホームページは、数万円~十数万でも構築可能。

無料のツールを活用すれば、数千円の費用でも海外受注は実現可能。



上手く海外向けホームページを活用出来れば、171か国からのアクセス・40か国以上から引き合いをいただく事も可能です。

もし、171か国に営業をかけて、40か国以上と取引を出来る人材を雇うとなれば、年間の人件費は、数百万では収まらないはずです。

それだけの働きを、ホームページはしてくれます。



英語が出来る人材をすぐに雇う必要はありません。

引き合いをいただく国が、英語でOKとも限らないためです。

フリーの翻訳家と連携すれば、様々な言語にも対応可能。



コスト面なども考慮しても、町工場にはインターネット戦略がマッチしている事は明白です。

必要なものは、お金ではなく、海外Webの知識です。

しっかりと知識を身に付ける事が出来れば、自社で、戦略の立案やホームページの運営を行う事は可能であり、更に、海外Webの知識があれば、世界から受注・注文を得る事も出来ます。

それも、ほとんど必要をかける事なく可能ですので、今一度、インターネット活用をご検討いただければ幸いです。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree