海外サイトデザインを参考に売れる海外サイトを制作する!

海外向けサイトのデザインはどのようにすればいいのか?ご相談いただくケースが多々あります。

そこで、海外サイトを制作する前に、世界的企業のECサイトを参考にする手法をオススメしております。

例として

○アマゾン
http://www.amazon.com/

○ウォルマート
http://www.walmart.com/

○ベスト・バイ
http://www.bestbuy.com/

○イケア
http://www.ikea.com/

○トイザらス
http://www.toysrus.com/shop/index.

など国内向けではなく海外のサイトをご覧下さい。

見ていただければ分かりますが、海外サイトは非常にシンプルなサイトが多いです。

大手サイトは常に試行錯誤されておりボタンの大きさや色などを見るだけでも大変参考になります。

後は、国内サイトと比較するのもオススメの戦略です。

例えば「アマゾン」と「楽天」を比較するとバナーの数や色の使い方に違いが見えてきます。

違いが見えてくると、その国の特徴や好みが分かるようになります。

比較すれば完璧な海外向けサイトが出来るとは言いませんが、かなり参考になります。

・サイトの色味
・バナー、ボタンの色、大きさ
・サイトの幅
・アイキャッチ画像
・キャッチコピー
・カテゴリー
・サイトの長さ

などを比較するだけでも売れる海外サイトを制作する上でのヒントは多く見つかります。

後、必ずスマホやタブレット端末でも海外サイトを見て下さい。

スマホにはどのようにボタンを配置しているのか?PCとスマホで見た海外サイトを見比べると、携帯端末ユーザーへの使い易さやこだわりも見えてきます。

これからは、スマホなどからのアクセスが増えていきます。

そのため、PCだけにこだわり、スマホは二の次では海外販売を成功させるのは困難です。

今後、海外サイトを制作するのであれば海外サイトを多く見て下さい。

世界各国のサイトデザインを見ることで初期デザイン案が浮かんできます。

それでも海外販売成功のデザインではなく暫定版とお考え下さい。デザインやボタンなども常に試行錯誤が必要です。

デザインを奇抜にするのは簡単です。

一番問題なのが、奇抜なデザインになっている事に気付いていない事です。

そのため、他社のサイトはどうなっているのか?なぜこんなデザインなのか?考えることが大切です。

是非、海外サイトを制作する前に、多くの海外サイトを分析する事をオススメ致します。意外と効果的です。お試し下さい。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree