水の輸出・海外販売について!

ここ数か月で「水の輸出」についてのご質問を多くいただいたため「水の海外販売」について解説させていただきます。

■まず、水の輸出ですが可能だと考えられ、需要もあると思います。

しかし、飲食物に関しては法律が関連してきます。

そのため、海外の法律に詳しい方にご指導いただく必要性があります。

水を輸出して利益がでるのか?検討が必要です。

海外発送は重量で送料が決まります。そのため、商品価格は安いのに、送料が高い場合だと利益がでない可能性が考えられます。

解決策として

・一度に大量の水を海外発送する(船便を用いる)

数個単位での受注ではなく、百個単位などで販売すれば一個当たりの送料を抑える事が出来るのでビジネスとして成り立つ可能性が高くなってきます。

※万が一、なにか問題が発生した場合の対策も検討する必要があります。
例として、食中毒など

商品の差別化を検討する必要があります。

水はどこの国でも扱っている企業がいるため、買っていただく理由が必要だと考えられます。そのため、安全性や他国にない特徴などをアピールする必要があります。

※大手企業とライバルとなる可能性が考えられます。

水を輸出する際のメリット

口に入る物は、安全性や信頼性が重要です。

その場合に、日本人・日本企業は世界からの信頼性が高いため有利だと考えられます。

水に限らずに輸出・出来る商品は数多くあると考えられます。しかし、海外輸出ビジネスとして成り立つのか?しっかりと計算する必要があります。

まずは、リサーチから始めてはいかがでしょうか?

簡単なリサーチ法として

「eBay」や「Amazon usa」で「water」と検索すれば、ライバルや商品価格を確認する事が出来ます。

簡単な方法ですが、水の輸出が出来るのか?具体的に見えてきますのでお試しいただければと思います。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree