伝統工芸品の海外展開・輸出の「なぜ?」と感じる事!

ここ数年で伝統工芸品を輸出したいという方が非常に増えております。

弊社クライアント様も伝統工芸品を海外販売している方は増えており、様々な伝統工芸品が世界へ輸出されております。

しかし、伝統工芸品を海外販売したいと問い合わせをいただく方の半数以上は伝統工芸品を制作している企業と提携をしている方です。

伝統工芸品を制作している企業・職人の方からのお問い合わせは非常に少ないです。

良い商品でも制作すれば売れるという時代ではありません。

そのため、伝統工芸品を販売する上でもマーケティングは必要であり尚且つ、先を見据えれば海外販売を検討しない手はないと考えております。

ですが、伝統工芸品を制作している企業・職人の方が自身で海外販売をスタートさせようと行動を起こす割合は低いと感じます。

技術を残していくにも商品が売れていかなければ継続は困難です。確かに、すべての伝統工芸品が海外販売に成功するとは思いません。

実際に数件の伝統工芸品が全く反応のなかった経験をしております。

しかし、商品だけでなく、技術を世界にアピールする事により、思いもよらなかった案件が舞い込むケースもあります。

そのため、海外販売にもトライしていただきたいのです。

初めはeBayでもOKです。海外販売や自社販売にトライすることが大切だと思います。

日本の素晴らしい技術・商品を世界へアピールしていきましょう。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree