中小企業の海外進出にマッチしている戦略とは!?

中小企業が、海外進出となると、支店や工場建設など、大掛かりなイメージを持つ方も多いのです。

しかし、中小企業で、海外に、支店や工場を建てる事が出来る企業は非常に少ないです。

資金面や人材に限りがある中小企業では、支店・工場建設は大きなリスクも伴い、簡単な事ではありません。

そのため、時代背景も考慮し、中小企業が海外進出する上でマッチしている戦略は、やはり「ネットを活用」する方法だと考えております。

ネットを活用すれば、海外販売は、もちろん、海外からの受注も可能です。

弊社が運営しております、海外向けECサイトでは「171か国」からアクセスがあり、「40か国」ほどと取引をしております。

弊社事例のように、ネットを活用すれば、資金や人材に限りのある中小企業でも、世界中と取引をする事が可能です。

更に、海外向けホームページを駆使すれば、テストマーケティングや商品開発も可能です。

それも、資金は、0円~でも始める事が可能です。

多くの中小企業は、すでにホームページを持っているケースが大半です。

そこで、日本向けホームページをリメイクして、海外向けホームページを作成し、海外からアクセスを集める戦略であれば、ほとんど費用もかかりません。

初めから、コストをかけた海外向けホームページは不要で、需要や、売れる商品などを見極めてから、海外向けホームページに資金を投入する事をお薦めしております。

ネットを活用して、海外と取引など本当に出来るのか?不安もあると思います。

ですが、日本国内でもネットで、取引も行っているはずです。

その取引が、海外に移行するだけで、取引の流れも変わりません。

問い合わせがくる→見積もり→商品制作など

海外との取引と言っても特別な事はありません。

慣れです。不安があるのは経験がないからです。

現時点では、海外向けホームページを駆使している企業は少数です。

しかし、日本国内でホームページの活用が一般化したように、数年後には、海外向けホームページどの企業も活用している時代が来ます。

中小企業の海外進出は、まず、ネットから始める戦略がマッチしております。

費用面・人材面を考えていただければ、ネット活用の選択肢になると思います。

まずは、海外向けホームページを活用したテストマーケティングをご検討下さい。

海外には、予測出来ない需要があります。お試しいただければ幸いです。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree