中国語ホームページ制作前に理解しておかなければいけない事とは!?

中国語ホームページを制作したが、アクセスも売上もないと言われる方は多いです。

それには、いくつか理由があるのですが、根本的な問題として中国の特殊なインターネット環境を理解していない点が挙げられます。

日本で有名な、検索エンジンと言えば、グーグル・ヤフーですが、中国では、基本的にグーグルは使用出来ません。

そのため、中国では「百度・バイドゥ」という検索エンジンがよく使用されております。

この検索エンジンの違いも知らないまま、中国語ホームページを制作される方も少なくありません。

検索エンジンが異なれば、検索経由からアクセスを集める施策も異なります。

更に、Facebook・Twitterなどにも使用制限がかかっているため、基本的には中国国内からのネット集客には使えません。

中国からアクセスを集めには、中国専用の戦略が必須です。

日本国内で流通しているWeb戦略は、基本的には通用しません。

中国だけ、ピンポイントで狙う戦略が必要となるのです。



そのような、中国インターネット環境の違いを理解しないで、中国語ホームページを制作されてしまうケースが多いのです。

中国語ホームページを持ちたいだけであれば、いいのですが、アクセスのないホームページに意味はありません。

これは、多言語化ホームページにも言えます。

多言語化されたホームページでも、必ずと言っていいほど、中国語が含まれております。

しかし、ただ多言語化しても、中国からのアクセスを集める事は難しく、読まれる事のない言語が増えるだけのケースもあります。

中国は、日本から近く、経済成長著しい事からも、話題にもなる国ですが、インターネット環境を考えれば、近くて遠い国と言えます。



中国からアクセスを集めるには、中国のインターネット環境を理解した上で、中国語ホームページを制作する必要があります。

その上で、これから、中国語ホームページを作ろうと考えているのであれば「覚悟」も必要です。

中国ネット対策は、時間もコストもかかります。

中国語ホームページを制作出来るという制作会社は増えておりますが、ただ作るだけで終わっている事例を多く見ております。

もし、本気で、中国語ホームページを制作して中国と取引を増やしたいのであれば、中国ネット戦略を専門にされている企業に依頼される事をお薦め致します。

英語ホームページは制作しただけでも、アクセスが来る場合もあります。

しかし、中国語ホームページは、ただ制作しただけでは中国国内からアクセスを集める事は非常に難しいです。



もう一点、確認していただきたいポイントが中国を狙う理由です。

中国語ホームページを制作した理由で多いのが「中国がいいと聞いた」などです。

明確に、中国語ホームページを制作する理由があるケースは稀です。

中国を狙う明確な理由がないのであれば、他の国への輸出・海外販売も検討される事をお薦めしております。

海外向けホームページを持っていないのであれば、英語ホームページを先に制作されてもいいと思います。

英語は、世界で一番広く使用されている言語です。

そのため、中国語と異なり、世界中からアクセスを集める事が可能となります。

弊社が運営している英語ECサイトは「171か国」からアクセスがあります。

中国語で制作したホームページでは、広範囲からアクセスを集める事は困難です。

安易に、人口が多いからと、中国を狙うのは良い戦略ではありません。難易度も高いのです。



中国語ホームページ制作前に

まずは、中国のインターネット環境を理解する。

理解した上で、戦略を練る or 他の国を狙う戦略も検討する。

中国インターネット環境を理解して戦略も練り、それでも、勝機があるのであれば、中国語ホームページを制作。

中国インターネット環境を知り、難しいと判断すれば、他の国を狙う戦略を進める。

上記のようなフローは最低限、考える必要があります。



中国語ホームページを制作するのも安くはありません。

その費用を「英語ホームページ制作費 + ネット広告費」に充てたほうが売上に繋がる可能性もありますので、中国語ホームページにこだわり過ぎずに広い視野で戦略を考える事が重要と言えます。



弊社にご相談いただいた企業様に、中国語ホームページではなく、英語ホームページ制作を提案させていただいたケースもあります。

結果として、ほとんど費用をかけずに、アメリカから引き合いをいただいております。

中国語ホームページがあればOKでも、英語ホームページがあればOKでもありません。

ホームページの言語を選ぶにも、しっかりとした戦略と理由が必要なのです。



最後に、訪日外国人集客でも同じく注意が必要です。

訪日される中国人の方が増えているため、訪日中国人の方を狙おうと、中国語ホームページを制作される方も多いです。

しかし、「中国のインターネット環境」「訪日された中国人の方のインターネット利用方法」などを理解していないと、訪日中国人の方にも、中国語ホームページを見てもらう事は困難です。

そのため、訪日外国人集客を行う上でも、言語選択やWeb戦略をしっかりと考えてホームページを制作する必要があるのです。

更に、訪日の場合でも、中国人の方をメインターゲットとするにも理由が必要です。

弊社クライアント様の店舗では、欧米の方の来店が大半というケースもあります。

訪日集客でも、安易に集客する方を決めるのではなく、自店を分析した上で戦略を練る事をご検討下さい。

中国語ホームページは、作ったがアクセスが全くない・・というケースは多いです。

制作前に、中国などのインターネット環境を理解していれば、無駄なコスト・時間を削る事が出来ます。

海外向けホームページ制作前に、世界のWeb環境を理解する事から始めてみてはいかがでしょうか?

少しでも情報を知っているだけで、結果に大きな差が生まれますので、お試しいただければ幸いです。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree