中国特有のインターネット事情!

中国では中国系IT企業が多くのシェアを獲得しております。

その理由としては

「アクセス規制」や中国政府に対するコメントなどをチェックする「インターネットポリス」と呼ばれる組織が存在している点が挙げられます。

これを踏まえた上で、中国輸出を行う際に知っておきたい中国で有名なIT企業をご紹介致します。

「Baidu(バイドゥ)」中国で有名な検索エンジン

バイドゥとは、中国の百度公司が提供している検索エンジンの名称です。中国語を中心とした全文検索を提供しており「中国のGoogle」とも呼ばれております。

「微博(ウェイボー)」中国版Twitter・ツイッター

中国の有名人だけでなくハリウッドスターもアカウントを開設して話題を集めております。基本的な使い方はツイッターと似ています。

「人人網(レンレンワン)」中国版facebook・フェイスブック

中国の千橡互助集団(Oak Pacific Interactive)が運営しているSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)である。中国最大手のSNSのひとつとして知られており、「中国版Facebook」の異名を持つ。

「Youku.com」中国版YouTube・ユーチューブ

2008年1月には視聴数が1日1億本を突破し、Google買収当時のYouTubeに匹敵する。日本人にも人気があり、見た事がある人も多いはずです。

上記IT企業のように中国インターネットは独自の発展を遂げており、インターネットを活用した中国輸出を行うには、それぞれのツール・サイトを使いこなす必要があります。

まずは一度、アカウントを開設するなどして試してみるだけでもよい経験になります。是非、上記サイトだけも覗いてみたはいかがでしょうか?

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree