中国への化粧品 輸出・海外販売のご質問をいただきました

中国への化粧品輸出についてご質問をいただきました。

ご了解をいただき公開させていただきます。

■ 1)中国に向けての個人向け販売並びに輸出

どのような方法を用いて中国輸出を行うのか?にもより大きく戦略は異なりますが

中国輸出となると

中国語で海外向けホームページを制作し中国からアクセスを集めて商品を販売する方法をおススメ致します。

※他には淘宝(タオバオ)を使用する例が多いです。

■ 2)販売アイテムは日本製の化粧品等

化粧品は「安全性」が重要な要素になっているため、日本企業は有利に働くと考えられます。

しかし

国内大手の化粧品メーカーが中国に進出しており、知名度やブランディングが高まっております。

そのため、大手との差別化を図る戦略は必須です。価格だけでも勝負が出来ないため、価格以外のアピールポイントを検討して下さい。

■ 3)販売についての先入金確認後の発送の仕組みシステム

おそらく販売アイテムの化粧品等は中国で輸入制限がかかっているので個人輸入での可能許容範囲内容(たとえば化粧品は個人輸入で24個まで等)

欧米に比べて知名度は低いですが決済はペイパルが使用出来ます。

後は、世界中でカード決済が使用できる決済カートシステムが最近では増えております。そこに問い合わせしてはいかがでしょうか?

中国の輸入規制については、一度しっかりと調べる必要があります。ジェトロなどでも問い合わせると丁寧に教えていただく事が出来ます。詳細な回答が出来ずに申し訳ありません。

————————————————-

中国への化粧品輸出への私なりの見解ですが、

なぜ中国なのか?明確な理由はありますでしょうか?

もし、中国を狙う定かな理由がないならば欧米を先に検討してはいかがでしょうか?

中国はかなり特殊な国です。そのため、欧米に輸出するよりも難易度は高いと感じております。

世界的に見ても「口にいれる物」や「体に直接触れる物」への関心は高まり、少々値段が高くても安心・安全な物を買おうという傾向があります。

そのため、日本企業への関心は益々高まっていくと考えられます。化粧品はライバルが多い分野ですが、重要も高いため輸出するには結果が楽しみな分野と言えます。

欧米に向けてホームページを制作し販売する方法はおススメです。

化粧品は軽く高価な商品なので輸出向きです。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree