中古ブランド品の輸出が狙い目の理由とは!?海外販売戦略もご紹介!!

中古のブランド品は、海外でもよく売れます。

昨今では、中国人の方の爆買いで、中古ブランド品がよく売れた事が話題ともなりました。

日本人が使用していた中古のブランド品は、品質が良い事で知られております。

そのため、海外でも、日本からの中古は、品質が良いと捉えられているため、中古のブランド品を輸出されている個人や企業が増えているのです。

ブランド品を扱う上では、品質だけでなく本物かを見極める力も必須です。

この点をクリアするために、知識を持っている方と、組んでビジネスをされている方もいらっしゃいます。

偽物などのリスクはありますが、ブランド品は、非常によく売れ、単価も高く個人でも、大きな売上となる方もおります。

その上で、個人の方が、中古品を扱われる場合は「古物商」を取得される事を忘れないで下さい。

意外と、中古品を扱っていて、古物商を持っていない個人の方は多いです。

費用も高くありませんし、一度、取得しればOKですので、中古品を扱う場合は、必ず、古物商を取得して下さい。

輸出の販売方法ですが、eBayなどでも売れるので、まずは、eBayから試される事をお薦めしております。

ある程度、売れる商品が分かっていれば、海外向けホームページで販売される戦略もお薦めですので、ご検討下さい。

日本の中古品は、全般的に狙い目の分野と言えます。

まだまだ、日本の中古は世界で輸出されていないので、これから輸出額も伸びていくはずです。

ブランド品は、ブランド力で、品質さえ良ければ売れていきますので、海外プラットフォームなどの活用がマッチしておりますので、お試し下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree