リサイクル品の輸出は狙い目なのか??リサイクル品の海外販売戦略も解説!!

リサイクル品の輸出は、非常に狙い目と言えます。

なぜなら、日本では、値段が付かないような物でも、海外では、それなりの値段がつく商品も山のようにあるからです。

更に、エコの観点からも、リサイクルは伸びる可能性が高いです。

ビジネスの世界でも、エコやリサイクルという言葉は、よく使われるようになっております。

国によっては、エコやリサイクルを重視している国もあり、エコ・リサイクルが商品の付加価値と強く捉えられるケースもあります。

そのため、個人でもリサイクル品を取り扱う方は、増えております。

リサイクル品の輸出には、難しい点があります。

それは、仕入れの問題です。

リサイクル品を扱う上で、しっかりとした仕入れ先を見つける事は必須です。

仕入れ先を見つける事が出来れば、ビジネスとしては成り立ちやすくなります。

ネットから、小まめに、掘り出し物を見つけては仕入れている方もいらっしゃいます。

販売に関しては、海外向けネットショップがベストですが、eBayでもOKです。

eBayに出品すると、こんな値段で落札されるのか?と驚くようなケースもありますので、リサイクル品の海外販売には、eBayは外せません。

ただし、海外向けホームページも持っておくメリットがあります。

それは、海外向けホームページへと、海外企業から取引の依頼がくるケースがあるからです。

海外企業で、日本のリサイクル品を仕入れたいと考えている企業は多いです。

そこで、eBayだけでなく、海外向けホームページも運営しておく事で、新規の販売ルートを確保する事も可能となります。

日本の中古品は、程度が良いケースも多いため、海外でも人気があります。

日本では、廃棄されてしまうような物でも、海外で求められている物は多くあります。

日本で販売されている輸入アンティークをイメージすれば、分かり易いと思います。

なぜ、こんな物が、この値段で売られているのか?不思議に思う事も多いはずです。

日本では、廃棄されるような物でも、海外の方が好む物はあります。是非、固定観念を捨てて、まずはテストで、eBayに出品される事をお薦め致します。

初めは手探りですが、数点売れれば、需要が見えてきます。是非、お試し下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree