ハンドメイド起業する前に!必ず確認しておくべき事がある??

自身で作成したハンドメイド作品を販売して起業したいと考えている方が増えているようです。

弊社へも、ハンドメイドを海外販売したいとご相談いただく件数が年々増えております。

しかし、ハンドメイドで、売上・利益を上げるのは楽な事ではありません。

ハンドメイド作品は、作ろうと思えば、誰でも作れるため、ハードルは非常に低いです。

そのため、ハンドメイド作品の販売は激化しております。

ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」は、2016年3月5日(土)に登録者数が20万人を突破したと発表しております。

作品点数は、100万点を超えて、今でも増え続けております。

このような状況を考えると、一個でも作品を販売する事が難しいのは想像出来ると思います。



ここで、ポイントとなるのが、ハンドメイド作品を作る事が好きですか?

その上で、自身で作った作品を販売して起業したいですか?

それとも、儲かれば、他のビジネスでもOKですか?

もし、ハンドメイド作品を作る事に、こだわりがないのであれば、他のビジネスを選択すべきです。

クライアント様で、ハンドメイド作品の販売を止めて、他のビジネスをされている方もいらっしゃいます。



ハンドメイド作品の販売は、まず、売れる作品を作るところから始まります。

商品を見つけて販売するのと、違って、自身で売れる作品を作らなければいけません。

この売れる作品を作るまでも楽ではありません。

売れている方の大半は、かなりの数の試行錯誤をされております。

それでも、ハンドメイド販売で、起業したいと言われる方は、ミンネなどに作品を登録して、売れてきたタイミングで、自身のネットショップを、持たれる事をお薦め致します。

ハンドメイド作品の販売をされたい方には、厳しい面も、説明させていただいております。

それだけ、市場が難しくなっている事を理解しないのは問題だからです。



ですが、ハンドメイド作品で、生計を立てている方も増えております。

更に、ハンドメイド作品の市場は、世界的に見ても増えているため、チャンスも増えている事は間違いありません。

本気で、自身のハンドメイド作品を販売していくのであれば、自身のネットショップは必須ですので、作られる事もご検討下さい。

自身の作品を販売する方法は、ミンネなどだけではありません。

自身のネットショップで販売する事で、手数料もライバルも少ない状態でビジネスを行う事も可能です。

最後に、これから始める方に、お薦めしているのが、海外販売です。

国内販売を行わずに、海外販売から始める方もいらっしゃいますので、国内だけの市場を見ずに、海外販売も戦略に含まれる事をお薦め致します。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree