ネットショップ売れない・・・思い切って止めて売上アップした事例と!?

個人でも中小企業でも簡単にネットショップが持てる時代となっております。

ネットショップの数が増えるのと比例して「ネットショップ売れない・・・」と悩まれている方も増えております。

そこで、弊社クライアント様で、ネットショップを止めて、売上アップした方法について解説させていただきます。

その方が扱っている商品は、アマゾン・ヤフオク・楽天・複数のネットショップでも販売されている商品で、多くのライバルが存在しております。

もちろん、売れている商品のため、ネットショップにアクセスを集めて、販売する戦略も十分可能です。

しかし、そのままネットショップの運営を続けたとしても、同じ商品を扱っているライバルが多いため、薄利多売になる可能性が高く、ネットショップを継続する道がベストとはアドバイス出来ませんでした。

そこで、思い切って、一旦、ネットショップの運営を止めてみる方法をアドバイスさせていただきました。

初めは、クライアント様もネットショップを止める提案を聞いて不安が滲み出ておりました。

そこで、すぐにネットショップを止めるのではなく、徐々にネットショップの運営を縮小していき、その変わりに、店舗へのネット集客に力を入れる戦略に切り替えていく流れを取っていただきました。

集客の流れとしては、ブログやSNSを活用して、店舗を知ってもらい来店を促す戦略となります。

ここでポイントとなるのが、ただ店舗を紹介して「来て下さい。」と言っても、中々、お店まで足を運んでいけだけません。

そのため、店舗が主催するイベントを設けて、そのイベントに足を運んでいただけるように促す戦略が重要と考えております。

クライアント様の店舗でも、様々なイベントを開催しております。

初めは、数名の方で始まったイベントも、回数を重ねる度にリピーターの方が増え、告知するだけで数十名の方が集まるイベントにまで発展しております。

どこでも買える商品をネットショップで販売しても、顧客は、商品や価格で簡単に他のネットショップへと流れていってしまいます。

しかし、イベントを開催して繰り返し、お客様とお会いしていると、お店のファンになってもらい、他で買える商品でも、そのお店で買おうとなってくれるのです。

このイベント運営は、何も店舗を持っている方だけの戦略ではありません。

店舗がなくても、レンタルスペースなどを活用すれば、イベントを行う事が可能です。

初め少人数であれば、カフェなどから始めてもいいと思います。

手軽に少人数で始めて、徐々に規模を大きくしていく流れがリスクも少なくお薦めです。

初めから、無理に多くの方を集めようとしても、上手くいく可能性は低いです。

店舗集客やイベントでも「テスト」と「継続」が必要です。

何年もネットショップを運営しているが「大した売上にならない」「手間ばかりかかる」と思っている方は、ネットショップの運営を続けるのか?

ネットショップ以外に販売する方法・戦略はないのか?

根本的な戦略の見直しをご検討下さい。

上記以外の戦略として、国内ネットショップを止め、海外向けネットショップに切り替え、大きな売上を上げているクライアント様も、いらっしゃいます。

ライバルが多い場合は、ライバルと少しだけ戦略を変える事で、大きな利益を上げられるケースもあります。

是非、ネットショップだけにこだわらずに、他の販売方法もご検討下さい。

ネットショップをすぐに止めるのは勇気がいると思いますので、少しづつ縮小する流れもお薦めです。

ネットショップも売上が上がらなければ運営している意味がありません。

ネットショップにかかる経費や、今後の展望も考えた上で、戦略を決めていただければ幸いです。


ネットショップ止める・まとめ

ネットショップが全てではない

ライバルが多い商品は、普通にネットショップを運営していても利益を上げる事は難しい

ネット広告などを活用してアクセスを集めても、売上が増えるだけで、利益が増えないケースも多い

そのため、思い切ってネットショップの運営を止めて

店舗集客やイベント集客に力を入れる。

商品をただネットで売るだけではなく、お店のファンになってもらう事を意識

店舗などがなくても、レンタルスペースを活用して、個人でもイベント開催は可能です。

他にも、海外販売に切り替える戦略もお薦めです。

商品の差別化が難しい場合は、販売方法で差別化を図らなければ、利益を出すのは難しい時代です。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree