オランダ輸出の基礎データ!ネット海外販売のポイントもご紹介!

ジェトロなどのデータを元にオランダ輸出・海外販売の基礎データや貿易データをご紹介させていただきます。

最後に、輸出する上でのポイントや注意点も解説させていただきます。

オランダ基礎情報

■ 国・地域名 : オランダ王国 Kingdom of the Netherlands

■ 面積 : 4万1,528平方キロメートル(日本の約9分の1)

人口 : 1,690万人(2015年、出所:ユーロスタット)

■ 首都 : アムステルダム 人口129万人(2013年、出所:ユーロスタット)

言語 : オランダ語

■ 宗教 : カトリック、オランダ改革派教会、カルヴィン派

オランダは、オランダ王国の構成国の一つである。

国土の大半は西ヨーロッパに位置し、カリブ海にも特別自治体の島を有する。

憲法上の首都はアムステルダムだが、王宮、国会、中央官庁、各国の大使館などはデン・ハーグにあり、事実上の首都となっている。

カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。

ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。

ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。カリブ海に海外特別自治体としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。

世界第9位の天然ガス産出量を誇る資源産出国であり、日本ではチーズ、チューリップ、風車などが有名である。


GDP推移(オランダ)

•アメリカ合衆国
 16.77兆 USD

•日本
  4.92兆 USD

•オランダ
   8535億 USD


1人当たりのGDP(オランダ)

•アメリカ合衆国
 53,041.98 USD

•オランダ
 50,793.14 USD

•日本
 38,633.71 USD


政治体制(オランダ)

政体は立憲君主制で、国家元首はウィレム=アレクサンダー(2013年4月30日即位)。
議会であるスターテン・ヘネラールは二院制で、第二院(下院)150名、第一院(上院)75名から構成され、議院内閣制を採る。

政体:立憲君主制 元首:ウィレム・アレキサンダー国王 H.M. King Willem-Alexander(2013年4月30日即位、1967年4月27日生まれ)

議会制度:二院制 議会概要(定員数、発足年、任期):上院:定数75、下院:定数150、上下院とも任期4年。  ※2015年3月18日上院選挙結果(*は与党)

:*自由民主国民党(VVD)13、キリスト教民主同盟(CDA)12、民主66党(D66)10、自由党(PVV)9、社会党(SP)9、*労働党(PvdA)8、緑の党(GL)4、キリスト教連合(CU)3、カルビン党(SGP)2、50プラス2、動物党(PvdD)2、独立上院会派(OSF)1 ※2012年9月12日下院選挙結果:*VVD40、*PvdA36、SP15、CDA13、D66 12、PVV12、CU5、GL4、政治改革党(SGP)3、PvdD2、50プラス1、その他7


経済(オランダ)

2014年のオランダのGDPは約8807億ドルである。世界17位の経済規模であり、EU加盟国では6位である。

また、同年の一人当たりのGDPは52,225ドルであり、世界的にも上位に位置する。

オランダ経済は、1980年代以降に政府が取った開放経済政策により国際貿易を中心として発展してきた。最大の産業は金融・流通を中心としたサービス産業であり、全GDPの2/3を占めている。

また、ライン川の河口にあるロッテルダム港(ユーロポート)は欧州最大の港である。

エネルギー・資源産業では、オランダは天然ガスの大生産地であり輸出国でもある。

石油精製産業も重要であり、代表企業としてロイヤル・ダッチ・シェルが国内だけでなく、石油メジャーとして世界中でエネルギー資源開発を行っている。

製造業では、ユニリーバやハイネケンなどに代表される食品・家庭用品産業、フィリップスに代表される電器産業、DSMに代表される化学産業が代表的な産業である。

チューリップや野菜、乳製品で有名な農業分野は、非常に近代化されているが、国内経済に占める規模は21世紀の現在では数パーセントに過ぎない。

貿易に関しては、ドイツが輸出入ともに最大の相手国である。ベルギー、フランス、イギリス、アメリカ合衆国などがそれに続いているが、近年は輸入相手国の第二位に中国が入っている。

税制では実効法人税率が周辺諸国(フランスは33%、ドイツは29%)より低い約25.5%に抑えられており、海外からの企業誘致が進んでいる(例えば日本は実効法人税率が約40%のため、多くの企業が研究開発や物流拠点等をオランダに移す動機ともなっている)。

■ 漁業
 ニシン、たら、さばなどの遠洋漁業が昔から盛んであったが、20世紀に入り漁法の近代化が遅れて衰退した。沿岸漁業はムール貝、かき、えびおよび舌平目が中心である。

■ 農業
 農業の全体の産業に占める割合は小さいものの、依然として重要な産業のひとつとなっている。高度な集約化・機械化により農業の生産性はヨーロッパ連合諸国の中でも高く、農民の生活は総じて豊かである。

オランダ農業の発展は、土壌本来の肥沃さよりも創意と労力に負うところが大きく、土地はむしろやせている。

■ エネルギー
 オランダは天然ガスの世界第9位の産出国であり輸出国でもある。一方、石油や石炭は輸入している。一次エネルギー供給量の83%は国内生産で賄われている。

天然ガスは、EU諸国内で2番目(世界では9番目)の生産量であり、EU内での総生産量の約30%に達している。

2005年の推計では50~60兆立方フィートの埋蔵量があると言われており、世界全体の埋蔵量の0.9%を占めている。天然ガスは全生産量の2/3を国内で消費し、残りを輸出している。この輸出量は世界第5位である。

■ 工業
 オランダの工業化は天然資源の欠乏のために遅れはしたが、19世紀半ば以後は成長を続けた。

オランダは民間資本が豊富で、はじめは既存工業の技術向上に力点を置き、乳製品、マーガリン、ジャガイモ澱粉、ボール紙など農産物利用の工業を主としたが、その後電気器具、ラジオ、合成繊維、機械部品の様な、原料をほとんど必要としない工業に資本と研究を注ぐようになった。

コークス製造、化学工業から鉄鋼業まで発達するにいたったのである。その一方では、人口の急増が目に見えており、戦後復興のためにはまず第一に工業化を一層進めることが必要になった。

オランダは鉱物資源が乏しいにもかかわらず、20世紀にはいって金属工業を確立した。すず、アルミニウム、亜鉛の精錬も行われている。

代表的な製造業としては製鉄、機械、電気機器、造船、航空機などの金属工業が第一に挙げられ、これについで食品加工業、化学工業があげられる。


軍事(オランダ)

オランダ軍は陸海空三軍および国家憲兵隊(オランダ王立保安隊)の4軍種からなる。人員は約61,000名。

冷戦期は徴兵制を取っていたが、1996年に廃止された。現在は完全志願制の軍隊になっている。

北大西洋条約機構に加盟しており、近年は欧州連合による地域紛争解決のための欧州連合部隊にも加わるなど、集団安全保障体制を構築している。

また、アメリカとニュークリア・シェアリングをしており、独自の核戦力は保持していないが核抑止力をもっている。


国民(オランダ)

住民はゲルマン系のオランダ人が83%で、それ以外が17%である。オランダ人以外としては、トルコ人、モロッコ人、あるいは旧植民地(アンティル諸島、スリナム、インドネシアなど)からの移民などがいる。

国土の大部分が平地であるため、人口密度は高いが比較的広々としている(393人/km²,2004年時点)。

人口は東京都のそれに近く、その人口が、関東平野全体に広がったイメージである。


通貨・ユーロ(オランダ)

ユーロは、欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。

ユーロはヨーロッパでは25の国で使用されている。そのうち19か国が欧州連合加盟国である。
1999年1月1日に決済用仮想通貨として導入された。この時点では現金のユーロは存在しなかった。3年後の2002年1月1日に現金通貨としてのユーロが発足した。この時、導入国の従来の通貨に代わり、ユーロが法定通貨となった。ユーロ硬貨はユーロ圏18か国のほかに、合意によって認められている3か国がそれぞれ鋳造しており、裏面は各国で独自のデザインを採用している。ユーロ紙幣のデザインは統一されているが、紙幣に印刷されている番号の先頭の文字によって、その紙幣の印刷された国が判別されるようになっている。
ユーロは、準備通貨としては、アメリカ合衆国ドルの次に重要な通貨の地位を有し、一時は第2の基軸通貨と呼ばれていた。しかし、とりわけ、2010年欧州ソブリン危機以降、通貨連盟の矛盾が表面化し、その存続を危ぶむ意見も出ている(後述)。

■ 通常の硬貨
硬貨として発行されているのは1, 2, 5, 10, 20, 50セントと1, 2ユーロである。

硬貨の表面はすべての発行国で共通したものとなっているが、裏面は発行国ごとに異なるモチーフが刻まれている。裏面のデザインが異なっていても、硬貨としての効力に違いが生じるものではなく、同様に使うことができる。

■ 2ユーロ記念硬貨
2004年以降、2ユーロ額面の記念硬貨が発行され、市中に流通している。

この記念硬貨は裏面に描かれる主題が発行国ごとに異なるものであり、ユーロを使用する国で有効に使うことができる。

■ 紙幣
ユーロ紙幣のデザインは欧州連合規模で行なわれた公募で集められた案のなかから、オーストリアのロベルト・カリーナのものが選ばれた。

また紙幣のデザインはすべての国で共通のものとなっている。発行されている額面は5,10,20,50,100,200,500ユーロの7種類である。

■ ユーロ導入による経済への効果
 好影響
ユーロの導入によって従来は共同体内部に存在していた為替相場リスクや、そのリスクヘッジのために企業が負担するコストが低減することとなり、ユーロ圏内での通商や経済協力が増大するということが期待される。

そして通商は経済成長をもたらす大きな要因のひとつであることから、ユーロ圏入りはその国民にとって利益につながると考えられており、実際に2007年までにユーロ圏内での貿易は 5-15% 増加してきた。

つまりユーロによってヨーロッパの企業は巨大な経済圏で活動するという利益を享受することとなった。

またユーロは商品、サービス、資本、労働力の自由な移動という、ヨーロッパ共同市場に欠けていた単一通貨となって、市場統合を完成させた。

 悪影響
経済学者の中には、ユーロ圏のような巨大で特殊な経済圏にとっては単一の通貨を持つことについての危険性を懸念する意見がある。とくに景気循環が非同期的であることによって適切な金融政策が困難であるということが挙げられている。
実際にユーロが導入されて間もなく、国ごとで経済情勢が異なっているにもかかわらず、単一の金融政策を実施することが困難なものであるということが明らかとなった。たとえば、経済成長率が 5% を超えていたアイルランドと、ほぼ 0% のスペインやポルトガルとを調和させるといったことが挙げられる。


以前の通貨・ギルダー(オランダ)

ギルダーは、15世紀から2002年まで使われていたオランダの通貨単位。略号はNLG(英: Netherland Guilder)。

国際金融市場での通貨表記には NLG が使われた反面、オランダ国内での表記はもっぱら Hfl.を使用したが、これは、旧名のフローリン (蘭: florijn) に由来する。

オランダがユーロに参加する前に使用していた通貨単位である。かつては本土にとどまらず、旧植民地である蘭領東インドなどでも使用されており、現在でもその名残でアンティル・ギルダーが存在する。

なお、スリナムギルダーは、2004年1月1日からスリナム・ドルに通貨を変更した。

■ ギルダー銀貨
 オランダでは1815年に通貨制度を改定し100セント=1ギルダーとしたが、この新制度によるギルダー銀貨は1818年に発行されている。

以後1999年まで、次のギルダー硬貨が発行された。表は歴代の国王の肖像であるが、国王が代わるごとに肖像の向きが変わるのはイギリスと同じである。また裏面は1980年まで一貫してオランダ王国の紋章が描かれていたが、1982年ベアトリクス女王の時代になってからは単なる幾何学模様となった。

■ ギルダー紙幣
 ユーロに変更されるまで、オランダでは10、25、50、100、250、1000ギルダーの各紙幣が流通していた。

派手な色彩と斬新なデザインの紙幣は他の先進国に先駆けて紙幣へのバーコードの印刷複製防止のユーリオン模様などを取り入れ現在のユーロ紙幣の手本となった。また250という額面の紙幣も他の先進国には見当たらないものであった。


言語(オランダ)

オランダの公用語がオランダ語です。フリースラント州ではフリジア語も公用語として認められている。

オランダ国民のほとんどが、英語を話すことができる。また、母国語や英語以外にも、フランス語やドイツ語など数カ国語を話せる人が多い。


検索エンジン(オランダ)

オランダでよく使用されている検索エンジンは「Google」と言われております。

シェアの数値は、リサーチ会社によっても差があるのですが、グーグルのシェア80%近いというデータが多いです。

グーグル以外ですと「Bing」も15%~20%ほどのシェアを持っていると言われております。

そのため、オランダの検索エンジン対策は、グーグル対策が基礎となります。

グーグルのシェアが高いため、アドワーズも有効です。

※Bing(ビング)は、Microsoft が提供する検索エンジンである。


日本とオランダの関係

オランダは、江戸時代の鎖国下に欧州諸国で唯一外交関係を維持した国である。

当時のオランダを通じてもたらされた学問・技術は蘭学と呼ばれ、後の開国・明治維新に向けての下地を準備、形成することになった。

2000年(平成12年)の日蘭交流400周年記念には、両国で約700の記念行事が催されるなど、日蘭の文化交流は活発。

2011年(平成23年)3月の東日本大震災の後には、オランダ全土で支援行事が多数開催された。

また、オランダでは、EU域外の者が働く場合、様々な労働許可の手続きが必要となるが、2014年12月24日、オランダ政府は、1912年に締結された日蘭通商航海条約の最恵国待遇条項を根拠に、日本国籍を持つ者には「自由に労働が可能な居住許可」を交付する事となった。

これにより、日本国籍の持ち主は、オランダにおいて住民登録と、銀行口座を開設すれば、労働許可を申請しなくても働くことが可能となっている。

ただし、2016年6月20日、前述の最恵国待遇条項の根拠となったオランダ・スイス二国間条約(1875年)の解釈も見直され、2017年1月1日以降の労働に当たっては、日本人でも通常の労働許可を得なければならないこととなった。


日本とオランダの貿易

オランダは対日貿易では赤字であり、2005年の貿易額は、日本からオランダへの輸出が1兆5,076億円、オランダから日本への輸入が2,439億円。

2004年の直接投資は、日本からオランダが7,764億円、オランダから日本が3,164億円で、いずれもEU加盟国中第1位となっている。

同じく主要品目は、日本からオランダが事務用機器、映像機器、科学光学機器、自動車の部分品、自動車など、オランダから日本が科学光学機器、有機化合物、植物性原材料(球根等)、自動車の部品、原動機などとなっている。

■ 日本の主要輸出品目:一般機械(34.6%) 輸送用機器(18.3%) 電気機器(17.9%)

■ 日本の主要輸入品目:一般機械(33.0%) 電気機器(9.7%) 医薬品(7.3%)

■ 日本の直接投資額:金額:△122億7,500万ユーロ(2014年、国際収支ベース、フロー、ネット)

■ 日系企業進出状況:企業数:362社(日本人が海外に渡って興した企業を除くと、332社)

■ 在留邦人:7,550人(2015年10月1日現在)


実質GDP成長率(オランダ)

2011年: 1.66(%)
2012年: 1.59(%)
2013年: 0.72(%)
2014年: 0.88(%)


名目GDP総額(オランダ)

2011年: 894.58(10億ドル)
2012年: 823.60(10億ドル)
2013年: 853.81(10億ドル)
2014年: 866.35(10億ドル)


一人当たりの名目GDP(オランダ)

2011年: 53,590(ドル)
2012年: 49,155(ドル)
2013年: 50,810(ドル)
2014年: 51,373(ドル)


鉱工業生産指数伸び率(オランダ)

2011年: 0.58(%)
2012年: 0.01(%)
2013年: 0.14(%)
2014年: 3.34(%)


消費者物価上昇率(オランダ)

2011年: 2.48(%)
2012年: 2.82(%)
2013年: 2.56(%)
2014年: 0.32(%)


失業率(オランダ)

2011年: 4.99(%)
2012年: 5.83(%)
2013年: 7.24(%)
2014年: 7.43(%)


輸出額(オランダ)

2011年: 665,408(100万ドル)
2012年: 641,336(100万ドル)
2013年: 659,517(100万ドル)
2014年: 656,783(100万ドル)


対日輸出額(オランダ)

2011年: 4,193.00(100万ドル)
2012年: 4,192.14(100万ドル)
2013年: 3,914.49(100万ドル)
2014年: 4,180.83(100万ドル)


輸入額(オランダ)

2011年: 589,297(100万ドル)
2012年: 582,951(100万ドル)
2013年: 585,894(100万ドル)
2014年: 584,307(100万ドル)


対日輸入額(オランダ)

2011年: 16,200.00(100万ドル)
2012年: 14,544.00(100万ドル)
2013年: 13,066.90(100万ドル)
2014年: 12,332.80(100万ドル)


対米ドル為替レート(オランダ)

2011年: 0.7192(ユーロ)
2012年: 0.7789(ユーロ)
2013年: 0.7532(ユーロ)
2014年: 0.7539(ユーロ)


オランダ輸出まとめ

オランダと日本は古くから国交があり、良好な関係を持っていると言われております。

オランダはGDPだけを見れば、2015年GDPランキングで「17位」となっておりますが、一人当たりのGDPが世界的に見ても高く、経済敵に見ても豊かな国と言えます。

■ 2015年一人当たりのGDPランキング(USドル)

・7位 アメリカ
 56,083.97

・14位 オランダ
 44,322.83

・26位 日本
 32,478.90

オランダは、天然ガス(世界第9位)の大生産地であり、輸出も行われております。

製造業では、ハイネケンなどに代表される食品、フィリップスに代表される電器産業などの産業が有名です。

貿易も盛んに行われており、ドイツなどのEU諸国と多くの取引をしております。

昨今では、中国とも多くの取引をしているデータが出ておりますが、日本との貿易額は減少傾向にあります。

現状、弊社の経験則から、日本製品がバンバン売れる国とは感じません。

ですが、一人当たりのGDPも高く、英語でも集客が可能なため、テスト販売するのは良い戦略だと思います。

輸出を始めている方は、グーグルのアドワーズでテストして反応を見てみる。

これから、始める方は、世界各国の反応をみつつ、余裕が出てきたら、一度、オランダ輸出もご検討いただければと思います。

アジア各国のように、大幅な経済成長はないと感じますが、経済面でも魅力的と言えます。

是非、一度、オランダ輸出もご検討下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree