インバウンドのWeb集客をおこなう上でのポイントとは!?

日本を訪れる外国人の方の数が2015年3月に152万人を記録し過去最高の数値を更新致しました。

為替の影響も大きいと思いますが、東京オリンピック開催も決まり今後数年間は訪日外国人数も増えていくと予測されております。

訪日外国人数が増えるのと比例して、弊社へのインバウンドに関するお問い合わせも増えております。

そこで、Webマーケティングを駆使して日本国内にある実店舗への外国人集客を増やすためのポイントと概要をご説明させていただきます。

まず、外国人の方の来店を促すのであれば「海外向けホームページ」か「海外向けブログ」は必須とお考え下さい。

外国人の方もインターネット検索やSNSの情報を元に、足を運ぶお店を吟味しております。

そのため、インターネット上で、自店の情報がヒットしなければ、どんなに素晴らしい接客や商品があっても外国人の方の来店を促すのは困難です。

海外の旅行サイトなどに日本国内のお店が掲載してもらえるパターンもありますが、それはある程度の外国人の方の評価があっての事です。

外国人の方の来店がなければ、いつまでも口コミは増えません。

そこで、海外向けホームページを外国人の方に見ていただき、自店の良さをアピールして来店を促す必要性があるのです。

日本語のホームページを持っている店舗は多いのですが、海外向けホームページとなると稀です。

持っていると言っても、海外向け専用に制作したホームページではなく、日本語ページに翻訳した英文を貼り付けているだけの簡素なタイプが多く、これでは海外からの集客は困難なケースが多いです。

海外向けホームページを持つ事がいいのは理解しているが、すぐに海外向けホームページを持つことは難しいという方も多いと思います。

その場合には無料で始める事が出来る「Facebook」や「Twitter」から始める戦略もおススメです。

「Facebook」や「Twitter」のアカウントを取得して、自店に関する情報を発信して下さい。

海外に向けて情報を発信となると特別な内容を考えてしまう方も多いのですが、海外の方は日本の日常を求めております。

日本人の日常は海外の方にしてみれば非日常の出来事です。

そのため、カッコつけたり、おしゃれになどと考える必要はありません。自然体での情報やつぶやきが意外と海外の方の心を捉えます。

情報の中でも特に写真のアップがオススメです。

写真はSNS上で拡散しやすく、尚且つ多くの言葉がいりません。

英語が苦手という方は「写真+つぶやき」から始めてみる方法もおススメです。

最後に、外国人の方の来店を促そうと海外向けホームページ運営にだけ注力される方がいらっしゃいます。

ですが、本当に大切な事は「来店された外国人の方がどうすれば楽しんでもらえるのか?」常に考えて工夫する事です。

来店された方に「お茶を差し出す」「記念撮影」「自店以外の情報提供・オリジナルの地図作成」などなど、日本のおもてなしが外国人の方の印象に残り「また日本に来てこのお店に寄ろう」「友達にもおススメしよう」と思っていただけるのです。

いくら、見た目の良い海外向けホームページを制作しても、来店された外国人の方がつまらないと感じてしまえば継続したビジネスにはなりません。

インターネットは良い情報も拡散しやすいですが、悪い情報も拡散しやすいです。

自社の日常や周りの風景写真を「Facebook」や「Twitter」でアップし続けるだけでも変化があるはずです。是非一度お試し下さい。

※インバウンドのノウハウは常に増えているので、これからもインバウンドに関する情報を発信して参ります。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree