「食器・陶器」の輸出!輸出する上での問題点と、海外販売戦略とは!?

食器や陶器は、もちろん海外でも売れます。

日本の焼き物なども海外で認知されているため、高額な商品も販売されております。

ただし、食器類は、輸出する上で、検査・審査などが必要となる場合もありますので注意が必要です。

海外の友人に食器・陶器を送るなどの場合は、検査・届出などは不要ですが、ビジネスとして進めるには、検査・審査が必要となる場合もあります。

更に、問題となるのが「海外発送」です。

梱包をしっかりと行えば、割れる可能性のある商品でも海外に送る事は可能です。

しかし、割れ物の梱包にも、ノウハウがあるため、心配な方は、プロに任せるという選択肢もありです。

梱包の仕方にもよりますが、梱包を依頼しても大した費用にはなりません。

食器・陶器は、そこまで割れないのですが、それでも、割れる事がありますので対策は必要です。

食器・陶器は、割れ物のため、海外販売を躊躇する方が多いため、人気ではあるのですが、意外と穴場のケースもあります。

eBayなどでも、食器・陶器は売れるため、eBayからスタートする方法もお薦めです。

出来れば、海外向けネットショップがあればベストです。

検索していただければ分かりますが、海外向けネットショップで、本格的に日本の食器・陶器を扱っている方は稀です。

販売しているサイトがあっても、強者ではないため、まだまだ、ネット販売のチャンスがあります。

もし、本格的に食器・陶器を海外販売するのであれば、eBayではなく、海外向けネットショップで販売される事をお薦め致します。

数年後には、食器・陶器も、ネット上の競争が激しくなる可能性もあるため、今から、海外向けネットショップを運営していけば、大きなアドバンテージとなります。

もう一点、海外向けネットショップを運営する大きな意味として「海外企業からの引き合い」があります。

海外向けネットショップを運営していると、海外企業から、取扱いたいと連絡をもらえるケースも少なくありません。

食器・陶器も、将来を考えれば、個人向けのネット販売だけでなく、海外企業に卸す流れを狙う必要があります。

海外のお店で販売してもらえる流れが出来れば、海外の売上は安定します。

そのため、食器・陶器の海外販売戦略でも、海外向けネットショップor海外向けホームページの運営は欠かせません。

食器・陶器の輸出・海外販売をお考えの方は

 テストであれば、eBayを活用

 本格的に輸出するのであれば、海外向けネットショップ構築をご検討下さい。

食器・陶器は、難しい部分もありますが、世界的な和食の普及も相まって、日本製の食器・陶器への注目も高まっております。

確実に伸びる商品ですので、食器・陶器メーカーは、海外向けの戦略も是非ご検討下さい。

和食の普及に、日本製の食器・陶器も付いていければ大きなビジネスチャンスとなりますので、海外戦略もお試し下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree