「銀行振り込み」だけでもOKなネットショップの商品の特徴とは!?

一般的にはネットショップの決済方法は選択肢が多いほうが良いとされております。

昨今では決済方法も多岐にわたり「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「電子マネー決済」など数十種類の決済方法が存在しており常に新しい決済方法が増えているほどです。

しかし、すべてのネットショップで複数の決済方法が必須ではありません。

実際に、弊社クライアント様の事例で、ネットショップの決済方法を「銀行振り込み」だけにしたケースがあります。

その事例で扱っていた商品の特徴が似ているのであれば、ネットショップに多くの決済方法は必要ないと思います。

その特徴は「オリジナル商品」で「単価が安い」商品です。

最近では、手作りの商品をネット販売している方が増えております。

弊社クライアント様もオリジナルの商品をネットショップで販売しておりましたが、クレジットカードなどの決済手数料・固定費などが重荷となっておりました。

そのため、思い切って「銀行振り込みだけ」に決済方法を絞りました。

結果としては、売上に影響はなくカードの決済手数料などがなくなったため利幅もアップ致しました。

どこででも買える商品は「価格」「送料」「決済方法」などを比較されるため、どうしてもライバルと同じ価格・送料・決済方法などにしておく必要性があります。

しかし、オリジナルの商品や手作り・一点ものであれば、そのネットショップでしか商品・作品を購入出来ません。

そのため、決済方法が銀行振り込みだけであっても商品を購入していただけるのです。

「ネットショップ=クレジットカード決済が必須」と考えている方も多いのですが、必ず導入しなければいけないわけではありません。

自身のオリジナル商品や作品を販売する際には、銀行振り込みだけで十分なケースも多いです。

その上で、オリジナル商品のネットショップはカート機能もいらないケースもあります。

ネットショップだとカート機能がついていないといけないと思うかもしれませんが、注文はフォームを利用すれば大きな問題はありません。

フォームの例として

・メールアドレス
・お名前
・住所
・電話番号
・商品名 または 商品番号
・個数
・要望
など

をお客様に送信していただき、こちらから振り込み先などの情報をお送りすれば十分取引可能です。

これであれば、決済もカート機能も必要ありません。

「自身の手作りの作品」をオリジナルのネットショップで販売したいと検討されている方は、無理にクレジットカード決済などを導入する必要はありません。

運営していき、売上が上がり本当に必要と感じるようになった段階で導入しても遅くありませんし、「カード決済なし」「カート機能なし」でも運営を続けている方も多くいらっしゃいます。

始めてネットショップを持つ方は初期費用を抑えられるので非常におススメの方法です。是非ご検討下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree