「英語副業」英語を活かした翻訳以外のお薦めの副業とは!?在宅でも可能!

英語を活かした副業を始めたとご相談いただくケースも増えております。

英語を活かした副業と言えば「翻訳」です。

弊社のように、海外販売・輸出を始めている企業も多く、翻訳の仕事自体は増えているようです。

しかし、翻訳をされたいと言われる方が増えており、翻訳の仕事を得るのは簡単ではありません。

翻訳の分野でも、ただ翻訳が出来ます、ではなく「特定の知識 + 翻訳」という技量が求められます。

クライアント様の翻訳家の方も、ライバルとの差別化を図るまでは、仕事依頼がほとんどない状態でした。

「英語が出来る = 副業・翻訳」と考える方も多いのですが、副業で始めるには、特定の知識などがないと、仕事を得るのは難しい事を理解する必要があります。

そのため、翻訳にこだわりがない方には「海外販売・輸出」を始める事を提案させていただいております。

やはり、海外販売・輸出を行う場合には、英語が出来たほうが有利に働く場合もあります。

更に、留学経験や、海外に住んでいた経験を持つ方は、外国人の友達・知り合いがいる場合が大半であり、その人脈からビジネスを構築される方もいらっしゃいます。

輸出だけでなく、輸入を始める方も多いです。

その際にも、留学経験などが役に立つケースもありま。

英語が出来れば、輸出・輸入を始める事に抵抗が少なく、スムーズにビジネスを進められます。

「英語を活かしたい」とお考えの方は、是非、輸出・輸入をご検討下さい。

翻訳も行いながら、輸出も輸入もされている方もいらっしゃいます。

この方は、個人事業主で、在宅で仕事をされております。

用意した物はなく、インターネットをしていたパソコンを活用して、輸出・輸入をされています。

英語が出来る事は、輸出・輸入ではプラスです。

翻訳でも利益を上げる事は可能ですが、専門性 + ネットマーケティングは必要です。

ただ、クラウドソーシングに登録して、翻訳の仕事を受けるだけでは難しい時代です。

海外販売・輸出・輸入が楽で儲かる、とは言っておりません。

ライバルの多い翻訳だけを考えるのでなく、海外販売などもお考えいただきたいのです。

翻訳の仕事を行う前に、ライバルチェックと、単価、どれだけ月に仕事が得られるのか?しっかりと分析する必要があります。

英語を活かした副業は、翻訳やライターなどだけではありません。

海外販売・輸出・輸入もご検討いただければと思います。

サポートについて

 

一か月で戦略を立案させていただきます。

詳細はコチラ!

xree