「粉ミルク・紙おむつ」輸出は、狙い目のビジネスなのか??

テレビで何度も取り上げられている「粉ミルク・紙おむつが海外で売れている」という情報を鵜呑みにするのは危険です。

確かに、売れている事は事実です。

しかし、それなりの企業が、大量に取引する事で、ビジネスとして成立しているのです。

個人では、仕入れ先との繋がりがないと、薄利多売となり難しいのが現状です。

それでも、テレビで売れていると言えば「粉ミルク・紙おむつ」を海外販売しようとされる方は多いです。

ここで、ポイントとなる事が、そのまま情報を鵜呑みにするのではなく、情報を元に、海外の需要を読み解く事が大切です。

日本製の「粉ミルク・紙おむつ」が売れているのは中国が多いと言われております。

この情報を聞いて、よし「粉ミルク・紙おむつ」を海外販売しようとなる前に

なぜ中国で「粉ミルク・紙おむつ」がここまで人気なのだろう??

中国企業でも「粉ミルク・紙おむつ」は製造販売しているはず?

中国製を選ばずに、日本製を選ぶ理由は?

日本製品に、安全性を求めているのか?

特に、子供に対して安全な物を与えたいと考えるのは万国共通の認識である事は間違いないだろう

そうであれば、「粉ミルク・紙おむつ」だけでなく、日本製の子供向け用品を、中国で販売出来ないか?など

単純に、情報を聞いて、報道されている商品を海外販売するのではなく、その情報を元に、海外の需要を予測して、まだ海外に出ていない日本製を探す事が大きなポイントです。

これは、ネット情報も同じ考え方が当てはまります。

ネットで、検索すれば、海外でこんな物が売れていると数多の商品が出てきますが、公開されている情報のため、ライバルが参入してくる可能性が高く、価格競争になる場合が多いです。

そのため、ネット上で公開されている海外で売れているという情報を元に、海外の需要を読み解く事が重要です。

これを意識するだけでも、扱う商品や販売方法が見えてきます。

ほんの少し意識を変えるだけでも、全く違う物が見えてくるので、海外販売・輸出を行う際は、非常に重要なポイントとなります。

報道されている事を、そのまま鵜呑みにするのではなく、その情報を元に世界の需要を探る事もお試しいただければ幸いです。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree