「漫画」輸出について、狙い目の漫画と、販売戦略とは!?

ご存知の通り「漫画」は海外でも非常に人気あります。

それも、人気が衰え知らずで、年々、漫画人気が高まっております。

そのため、「漫画」を輸出したいとご相談いただくケースは非常に多いです。

漫画輸出のご相談にいらっしゃる方は

 漫画を輸出されたい個人の方

 自身のオリジナル漫画を輸出されたい方

上記、2グループの方に分けられます。

漫画は、輸出転売でもお馴染み商品のため、漫画を扱いたいと言われる方は多いです。

転売の方だけでなく、数年前から、自身のオリジナル漫画を、輸出されたいとご相談いただくケースも増えております。

これは、国内でも、オリジナルの漫画を描かれている方が増えているからだと予測しております。

海外では、漫画だけでなく、漫画のイラストなども売れているため、イラストレーターや漫画家の方のチャンスも増えていると感じます。

国内では、あまり反応がなかった作品でも、海外で販売出来たケースもあります。

今後、益々、オリジナルの漫画を扱っている方が、個人で、海外に自身の作品を販売していくながれは増えていくと思います。

ただし、漫画の転売は、難しくなる可能性が高いです。

漫画も電子書籍化が進んでいるため、転売というビジネス自体が難しくなる可能性が高いです。

かなりマニアックなコレクター物でなければ、利益を上げ続けるのは困難と考えております。

漫画は、海外でも非常によく売れている商品なので狙い目ではあります。

ですが、数年先を見ながら、戦略を練り、扱う商品を考えていかなければ難しい部分があります。

自身の漫画を、輸出されたい方には、チャンスが増えております。

しかし、漫画の転売を考えている方は、電子書籍の動きなども加味しながら、戦略を練る事をご検討下さい。

転売であれば、漫画だけでなく、他にも山のように海外で売れる商品はあります。

自身の漫画を輸出されたい方は、海外向けマーケティングをご検討いただくのがお薦めです。

漫画転売をされている方・漫画転売をされたい方は、少し先も見ながら戦略を練っていただく事をお薦め致します。

漫画に関連したビジネスは伸びていくと予測しておりますが、市場規模が大きくなれば、その分、ライバルも増え、大手企業なども乗り出してきます。

そのような背景も考慮しながら、自身の立ち位置、戦略をご検討いただければ幸いです。

最後に、オリジナル漫画は、日本だけでなく、海外に向けてアピールするべき作品ですので、オリジナル漫画家・イラストレーターの方は是非、海外向けマーケマーティングを取り入れて下さい。

イラストレーターの方で、海外から仕事を受注されている方もいらっしゃいます。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree