「海外通販マニア」がECサイトを構築して起業??マニアの強みとは??

弊社・勉強会の参加者様で、海外通販マニアの方がいらっしゃいます。

この方は、海外の通販・ネットショッピングが大好きで、様々な国から、商品を購入されております。

海外にも住んでいた経験をお持ちで、海外通販にかなり強いです。

長年・海外通販を行ってきた経験を活かして、海外の良い商品を国内でも販売出来ないかと、国内ECサイトも運営されております。

国内ECサイトは、それなりの売上・利益があるようで、上々との事でした。

しかし、国内ECサイトを拝見させていただくと、改善点が山のようにあったのです。

久しぶりに見た、改善点の多さでした。

しっかりとしたECサイトになれば、売上は倍どころではないかもしれません。

アクセスも、少なく、よく売れているなという印象が強かったです。

この方の、ECサイトは、見た目も今風ではありません。

素人の方が作った感じが丸見えではあります。

それでも、なぜ、商品が売れているかと言えば、そのECサイトでしか買えないからです。

長年の海外通販経験から、日本人が知らないような、マニアックな商品が並べられております。

どうも話を来ていると、プロの方が買っているのではないかと感じているほど、マニアックな商品が並んでおり、口コミで購入者が広がっていったと予測しています。

アクセス自体は、検索エンジン経由も、ほとんどありません。

SNSなども多少活用されておりますが、大半がリピーターの方です。

この方のECサイトが売れている大きな要因は、日本で買えない・買いにくい商品を扱っている事です。

一般的には、転売などのように、売れている物を仕入れるケースが流行りと言えます。

確かに、リスクもなく、良い部分もあります。

ですが、ライバルも同じ商品を狙ってくる可能性も高く、価格競争となる商品は多いものです。

海外に出ていない商品も山のようにありますが、国内に入ってきていない商品も山のようにあると、改めて感じた事例です。

この方は、海外販売も行っており、日本のマニアックな商品を扱っております。

リサーチツールなどは一切使わずに、自身の感覚と足で商品を探しているのです。

尖った一部のマニアに受けるECサイトであれば、アクセスがほとんどない状態でも、商品は自然と売れていきます。

その道のプロが買うような商品を扱うのも、狙い目と言えます。

在り来たりの商品を扱う、ネットショップは売上を上げるのも、アクセスを集めるのも苦労するはずです。

そのため、個人は、一部の方が振り向く、尖った商品を扱うべきです。

マニアックなECサイトは、アクセスが少なくても、それなりの売上となります。

ネットショップの売上が伸び悩んでいる方は、マーケティングだけでなく、商品自体の見直しをされる事もご検討下さい。

在り来たりの商品を売るのは大きな労力がかかります。

日本人・世界の人「100人」が欲しいと感じる物を仕入れる事が出来れば、自然と商品は売れていきます。

ECサイトの売上が決まるのは「9割」商品力です。

良い商品であれば、ECサイトの出来が悪くても、売れますので、商品という原点を見直される事もお薦めです。是非、お試し下さい。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree