「楽器」輸出について!日本の楽器は海外でも売れるのか??

日本製の楽器を輸出されている方もいらっしゃいます。

海外で、日本の楽器が爆発的に売れているとは言えませんが、マニアな方もいらっしゃるため、特定の楽器は非常に人気があります。

日本の音楽自体も、海外での認知度・人気が高まっている事を考えれば、日本製の楽器にも輸出のチャンスが増えると考えております。

楽器は、ネット経由からも売れます。

楽器の輸出で、大きな問題はないと感じますが、一点、気を付けていただきたいポイントがあります。

それは、楽器の海外発送です。

楽器の種類・材質などにもよるのですが、楽器の海外発送には注意が必要です。

楽器は、精密に作られているので、梱包をしっかり計算しないと、破損や、音質に大きな影響を及ぼす可能性があります。

そのため、楽器の梱包・発送を、プロに任せるという選択肢もご検討下さい。

海外のお客様のクレーム対応や、返品処理などの労力を考えても、梱包や発送方法にコストをかけても、費用対効果は高いと考えております。

取引も特に、注意点はありませんが、使用上の注意・楽器の説明などは、しっかりと行って下さい。

海外からのクレームの多くは、説明不足からきております。

「書かなくても分かるだろう」「こんな事を知っているだろう」は甘い考えです。

販売する上でも、しっかりと説明を行う事が必須です。

楽器を製造販売されている方は、是非、海外販売される事をお薦め致します。

楽器によっては、海外のほうが良く売れるというケースは珍しくありません。

日本製楽器を、しっかりと海外向けに販売しているサイトは、少ないので、製造メーカーは、海外向けホームページを持つべきです。

海外向けホームページを持っていれば、海外企業から取引の連絡をいただく事もありますので、持っておいて損はありません。

是非、日本製の楽器も輸出・海外販売をお考え下さい、チャンスは増えております。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree