「日本のお菓子」輸出について!個人輸出でも狙い目なのか??

訪日されている方のお土産で、多いのが、日本のお菓子です。

買えるだけ買って帰国される方もいるほど、日本のお菓子は人気が出ているようです。

特に、抹茶味は、海外の方も気に入るケースが多く、人気となっております。

テレビでも、よく取り上げられたため、お菓子を個人で輸出したいと検討されている方が増えているようです。

弊社・勉強会に参加されている方でも「お菓子の輸出はどうですか?」と数回、ご質問をいただいた事があります。

しかし、お菓子の輸出を個人で行うのは難しい部分が多いです。

まず、単価の問題です。

基本的に、単価の安い物で、しっかりと利益を出すには、数を販売する必要があります。

そのため、個人の方が、個人の方へ販売する程度では、利益を上げる事は困難です。

単価が低い商品で、利益を出すには、海外の企業に大量に購入してもらう方法が定石となります。

お菓子の輸出でも、海外の企業に卸せるレベルであれば、勝機はあります。

ですが、数個単位で販売するのは難しいのがイメージ出来ると思います。

日本のお菓子が、外国人の方にも人気があるという情報を得て、安易に、お菓子の輸出だ!となる前に

お菓子が売れているという情報を元に、少しひねって考えると、実は、お菓子関連で、非常によく売れる商品が見つかります。

売れている商品情報を元に、関連した商品を扱う戦略は非常におススメです。

理由は、ライバルが圧倒的に減るからです。

 外国人の方が、炊飯器を購入している。

 包丁を買い求めている。

 盆栽が海外でも人気らしい

など、海外で売れていると言われる商品情報をヒントに、新しい商品を見つける事は可能です。

少しだけ、関連した商品や、外国人の方の気持ちになって考えると、新しい商品が見えてきます。

このような発送方法は、クライアント様とも行うのですが、誰でも出来るようになります。

少しだけ角度を変えてみると、よい商品が見えてきますので「お菓子を輸出する」だけでなく、関連した商品をリサーチされる事もお試し下さい。

セミナー情報

 

5つのセミナーをご紹介

詳細はコチラ!

xree