「和菓子」の輸出について!難しい点と、訪日外国人・海外販売戦略を解説!!

日本食品関連の輸出が徐々にですが、増えております。

それに比例して、あまり海外に出ていない食品の輸出が出来ないか?とご相談いただくケースも増えております。

その中でも「和菓子」の輸出を検討されている方も多いです。

和菓子は、外国人の方にも人気があり、訪日された方も、和菓子を食したり、自分で作ったりなど、和菓子は気にいられている事は間違いありません。

ただし、和菓子を輸出するとなると、大きな問題があります。

それは、海外発送です。

鮮度があり、崩れやすいため、配送が難しい食品です。

そのため、和菓子は、輸出向きではなく、如何に、訪日される方に、食していただくのか考えるべきと感じます。

訪日される方は増えております。

そこで、和菓子を扱っている企業は、海外に向けて和菓子をアピールするべきです。

和菓子の情報が、訪日外国人の方にも届けば、来店を促す事は十分可能です。

店舗への集客は、特色がしっかりしていれば、実は難しくありません。

実店舗のため、どの和菓子屋さんでも、集客出来るとは言えませんが、訪日されている方が多い地域に隣接している店舗であれば、集客は可能です。

では、どうやって、訪日の方の来店を促すかと言うと、海外向けホームページを持たれる事をお薦め致します。

海外向けホームページで、自社の和菓子の情報を掲載する事で、海外の方にも和菓子の情報を届ける事が出来ます。

現時点では、和菓子の情報は、少ないので、和菓子屋さんの情報は、特に目立つはずです。

和菓子の輸出をお考えの方は、まず、海外に向けて情報発信する事をご検討下さい。

訪日される方に、情報が届く可能性は高いです。

更に、海外に向けて情報を発信していく中で、海外企業からのアプローチがあるかもしれません。

和菓子は、日本らしさを備えている食品です。

海外の方は、和菓子を好まれている事は間違いないので、後は、和菓子業界が、如何にして、外国人の方のニーズを捉える事が出来るのか?にかかっております。

和菓子を海外に発送するのは無理ではありませんが、難しい点があります。

そこで、考え方を変えて、訪日される方に、和菓子の良さを伝え、来店していただく事もご検討下さい。

 訪日客が増えている。

 外国人の方の和菓子に対する反応は上々。

この2点を考えても、和菓子は、特に、海外に向けてアピールする日本の食品です。是非、ネット活用もご検討下さい。

サポートについて

 

一か月で戦略を立案させていただきます。

詳細はコチラ!

xree