「味噌・醤油」の輸出について!海外で味噌・醤油を販売する方法とは!?

日本食は、世界へと普及が進んでいる事は間違いありません。

普及の要因は様々ですが、マンガの影響も忘れてはいけません。

マンガの主人公が食べている物はなんだ??

と、外国人の方が、マンガを読み、主人公が食べている物を、食べたいと訪日される方までいらっしゃいます。

マンガやオリンピックなどで、日本が注目されば、日本食への関心も高まってくると予測出来ます。

そうなると、チャンスとなるのが、日本の調味料です。

日本食の味を支えている調味料は、海外でも認知されはじめております。

 醤油

 味噌

 わさび

など、海外では愛好家が出ているほど人気が高まっております。

しかし、海外に輸出されている日本の味噌・醤油はごく一部です。

大半が、大手の味噌や醤油であり、長くから味噌・醤油を作っている中小企業の製品は、あまり世界に出ておりません。

日本食の認知度が上がり、マニアックな方が増えれば、それだけニーズが増えます。

国によっても、好みが異なるため、様々な味の味噌・醤油が求められる事は間違いありません。

日本各地で作られている味噌・醤油は、それぞれ異なった特色があります。

これは、非常良い点で、海外でも、しょっぱい物を好む地域もあれば、甘い物を好む地域もあります。

ですが、海外の方が、味噌・醤油にそれだけバリエーションがある事を知らなければ「欲しい」と思う事もありません。

そのため、日本の調味料であっても、自社の特色を海外に伝える努力が必須なのです。

英語などで検索していただければ分かりますが、日本の調味料の情報は少ないです。

それも、ある情報は、海外の方が解説しているケースが大半で、日本人・日本企業のサイト・情報は非常に少ないです。

どれだけ、自社の味噌・醤油がいいと言っていても、外国人の方が知らなければ売れる事はありません。

昨今では、食品も海外展示会に出展される企業も増えております。

しかし、ただ展示会に出展すればOKと考えているケースも多く、バイヤーの方がネット検索する事は考えていない企業も多いです。

バイヤーの方は、常に、世界中の情報を集めております。

現代の情報収集を考えれば、ネットの情報収集も当たり前です。

ネット上に、自社の情報がないのは致命的と言えます。

自身でも、海外に向けて自社製品をアピールする事で、海外のニーズを掴む事が出来るのです。

味噌・醤油の輸出・海外販売をお考えの方は、ネットを活用した情報発信から試される事をお薦め致します。

マニアックな情報は、ネットで届けやすい面がありますので、味噌・醤油のこだわりや生産者しか分からないマニアックな情報を海外へも伝える事をお考え下さい。

発信する情報も深く考え過ぎずに、まずは、自社のアピールしたい事を、海外に向けて発信していただければOKです。

発信するツールも初めは、無料で活用出来るフェイスブックや、ツイッターなどからスタートする事もお薦めです。

日本の調味料も、海外で需要が高まっている事が確かです。

需要が高まれば、様々な要望が出てきます。

その細分化された要望に応えるためにも、多様な商品が必要です。

仲間とチームを組んで始める事もお薦めですので、まずは、お試し下さい。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree