「個人貿易」起業!?個人貿易の始め方・やり方について解説致します。

個人で貿易を始める事は可能です。

私もその一人です。

起業したのは、2011年で、貿易ビジネスを始めて6年ほどになります。

ネットが普及した現代を考えると、日本だけでビジネスを行う理由はありません。

日本を含めた世界規模で、個人でもビジネスを構築する事が可能です。

貿易と言っても、様々なパターンがあります。

 日本から輸出

 日本へと輸入

 海外で製造した製品を、別の国で販売

など、クライアント様によっては、アジアで製造した製品を、アメリカで販売されている方もいらっしゃいます。

それほど、貿易でも、選択肢は非常に多いです。

販売方法ですが、ネット活用はお薦めです。

ゼロの状態からスタートするのであれば、資金面を考慮しても、ネットを活用する戦略はマッチしていると感じます。

ネットであれば、0円でも、貿易で利益を上げる事は可能です。

無料のツールでも、十分ビジネスを成立させる事が出来ます。

特別なツールもいりません。

フェイスブックやツイッターだけでも注文・受注を得られて経験があります。

そのため、個人で貿易を始めるには、ネット活用が合っていると考えております。

取引の言語ですが、英語が出来れば問題ありません。

英語が苦手でも、無料の翻訳ツールを活用して、海外のお客様とやり取りを行う事は可能です。

私は、英語が苦手なので、英語の定型文を用意して対応しております。

最後に、個人貿易で、必要な事は、お金でも、英語でもありません。

「行動力」です。

英語が堪能な方は多くいらっしゃいますが、貿易で上手くいくとは限りません。

弊社クライアント様で、ドイツ企業に手紙を書いて、会いに行き、取引を始めた方までいらっしゃいます。

これは、テクニックや言語の問題ではなく、行動力が成功要因です。

資本金も不要です。

初めは、個人事業主としてスタートして、利益が出てから法人にしてもいいと思います。

そのため、初めにまとまった資金も必要ありません。私は、ほとんど資金なしの状態からスタートしております。

個人貿易に興味がある方は、まずは、気になる商品を輸出・輸入してみる事から始めてはいかがでしょうか?

実際に経験してみれば、貿易自体は特別でない事が理解出来るはずです。

興味で終わらせないように実践される事をお薦め致します。

第52回「海外受注・輸出セミナー」開催中!

 

参加者数「200名様」 / 開催数「43回」以上

詳細はコチラ!

xree